※本サイトはプロモーション広告を利用しています。
スポンサーリンク

ペンディングトレイン【緑の光る石】の秘密4選!ヤバい効果がある不思議な石?

ペンディングトレイン【緑の光る石】の秘密4選!ヤバい効果がある不思議な石?ドラマ

ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と(ペントレ)』の中で意味深に登場している緑色に光る石にはどんな能力や効果があるのでしょうか。

ペントレの世界で緑の光る石は、ヤバい秘密があるのは間違いなさそうなので、具体的にどんな秘密があるのか考察しました。

 

この記事でわかること

  • ペンディングトレインの緑の光る石の秘密4選!
  • 緑の光る石は元々は何だった?

 

ドラマ「ペンディングトレイン(ペントレ)」の見逃し動画配信はU-NEXTで配信されています。

初回登録後、月額プラン2,189円(税込)が31日間の無料トライアル期間があります。

U-NEXTの登録はコチラ通常バナー無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2023年7月1日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ペンディングトレインの緑の光る石の秘密4選!

ペンディングトレイン(ペントレ)に登場する緑の光る石の秘密については、詳細は明らかになっていません。

そもそもペンディングにされた世界で、謎が多い中、必ず意味があるであろう緑の光る石の秘密について考察したところ4つ考えられるのではないかと思います。

ペントレの緑の光る石の秘密4選

  • タイムスリップさせる
  • ヒーリング(治癒力向上)
  • 時空を捻じ曲げる
  • 生命の源

それぞれの秘密については思い付きではなく、根拠となりうることが実際に起こっています。

1つずつ考察していきます!

 

タイムスリップさせる

ペントレの世界が未来なので、一番可能性が高そうですよね。

この緑の光る石にはタイムスリップさせる効果があるのかもしれません。

 

ちなみにタイムスリップ、タイムリープ、タイムトラベルには違いがあります。

  • タイムスリップ:偶然の事故で発生する
  • タイムリープ:自身の能力で発生させる
  • タイムトラベル:機械やシステムによって発生させる

 

ペントレの場合、未来に飛ばされる直前、地震警告が鳴り響いていますね。

そして、誰かの能力というよりも地震と同時に起きた偶然の事故とも言える状況で、タイムマシンを使ったわけでもありません。

 

つまり、誰かの能力(タイムリープ)でも、タイムマシンを使った(タイムトラベル)でもないので、タイムスリップが正しい表現なのかもしれません。

 

あの緑の光る石が光ったことや他にも地震など、何かの条件が重なったタイミングでタイムスリップをしてしまった可能性は高そうですよね。

ペンディングにされた世界でもトンネル内や5号車の近くでも緑色に光る石が登場しています。

 

元々はもっと大きなもので、今は小さな手のひらサイズにバラバラになっている可能性もあるのかもしれないですね。

この可能性については後述したいと思います。

 

ヒーリング(治癒力向上)

緑色に光る石にはヒーリング効果、つまり治癒力の向上や回復させる秘密も考えられます。

なぜならケガ人や動けなくなった人も回復しているからです。

 

ペントレの世界では多くのトラブルが発生していますが、結果ケガなどから回復していますよね。

  • イヌホウズキの実を食べた畑野
  • 腹部を刺された加藤
  • 崖から落ちた白浜

3人が治療が必要でした。

 

ペントレの世界では医者の卵である高校生の江口和真がいますが、医療キットなんて絆創膏や消毒液程度しかありません。

つまり、畑野の解毒剤も加藤や白浜の回復力も不自然なんです。

 

さらに解毒剤もないのに寝てたら復活した畑野も、刺されて出血も多かった加藤も、誰もいない崖で足を怪我した白浜も、共通しているのは緑色に光る石が光っています。

これは緑色に光る石に毒や傷を癒す効果があったからこそ、復活できたのではないでしょうか。

 

もし本当に石に治癒力があれば解毒や輸血、傷の回復は説明できますよね。

畑野は目が覚めたあとはピンピンしていますが、加藤と白浜は完全には回復していません。

 

となると石の解毒レベルが高いのか、毒を早急に吐き出したことで接種した毒が少なかったのかもしれません。

加藤に至っては大怪我です。たとえケガを回復させる力があったとしても限界があるのかもしれませんね。

 

白浜が崖から落ちたときヤバいと言っていて、動けなさそうなほどダメージがあるように感じました。

それでも足こそ引きずっていましたが、自力で5号車に戻れるほど回復しています。

しかも自力で帰れただけでなく、萱島のハサミまで見つけて帰ってきているので、自然治癒力以上の回復をしていないと、あり得ないように感じますよね。

 

時空を捻じ曲げる

次に考えられるのは、石の周りの一定の範囲が時空を捻じ曲げている可能性です。

 

不思議に思ったのは第1話です。

トンネル内に落ちていた緑色に光る石が初めて登場したシーンです。

5号車がある場所からトンネルの奥に向かって進んでいる時に緑色に発光していますよね。

この時に実はトンネルを進んだ3人と5号車は、再び時空が捻じ曲げられ別の時代に飛ばされた可能性もゼロではないと考えてみました。

 

もしこの可能性があるのであれば、光る前はトンネルの先は砂漠でなかったのかもしれません。

しかし、石が発光したことで時空が捻じ曲げられ、トンネルの奥は砂漠になり、5号車の周りは更に別の時代に飛ばされたものの樹海の景色は変わらずだったので、5号車にいたメンバーは気付いていないのかもしれません。

 

なぜこう思ったのかというと、5号車のドアが開いたときに何名か飛び出してしまいましたよね。

でも、そこから誰も戻っていないところが疑問に思いました。

 

萱島が落ちそうになった深い崖に高校生のカバンが見つかり、一見出ていったメンバー全員が崖に落ちてしまったようにも見えました。

しかし、本当に全員落ちてしまったのでしょうか。

 

ちなみに5号車の乗客は警察の捜査により68名だということが分かっています。

そして、第1話で名簿を作成したときには『萱島以外の46名の名前が分かっている』と白浜が言っています。つまり、21名行方不明になっています。

 

となると21名全員崖に落ちたことになりますが、そんなに全員揃って落ちます??

さすがに誰かは異変に気付いて助かる気もします。

 

出ていった21名のうち、なぜ誰の死体も見つからないのか。誰かが崖に落ちたとして異変を感じて5号車に戻ってくるとか救助を求める人が誰もいないのか。という疑問が出てきます。

なぜ誰も戻らないのかを考えたときに、本当は出ていった人は5号車に戻ったが緑色に光る石によって2回目に時空を超えていて、萱島、畑野、白浜、5号車の車両ごと別の時代に飛ばされた。

つまり、出ていった21名と5号車に残ったメンバーは別の時代にいたからではないでしょうか。

 

第4話では周囲を警戒して音の出る仕掛けを作っていますが、その時にもそれまでにも樹海には何度も行っていますが、出ていったメンバーが誰も見つからないのは不自然に感じました。

もし自分が迷子になったとき、この先に何があるのか分からない道を突き進むより元の場所に戻ろうとしないですか?

 

もしかしたら緑色に光る石が発光するたびに、時空が捻じ曲げられている(何度もペンディングにされている)のかもしれないですね!

 

そうなると最初に30年後の未来だと言われていたのも間違いなのかもしれないですね!

⇒ペンディングトレインの世界は30年後ではない?についてはコチラ

 

生命の源

最後に考えたのは緑色に光る石は生命の源であり、ペントレの世界では亡くなってしまった方々の魂のようなものではないかと考えました。

 

加藤が刺されたとき3つの石が緑色に発光しています。

そして、意識が遠のいていく加藤が見た走馬灯(夢?)に登場したのは父親、母親、姉、白衣を着た人物、加藤の元カノ、加藤の祖父など8人が登場しています。

 

これこそ意識が遠のいた加藤が魂となって、石に宿る魂に共鳴した可能性があります。

魂同士の会話というのかもしれません。

 

登場した8人は電車の外に消えてしまったのは死後の世界に消えてしまったことを表していて、電車に残された加藤は死後の世界に行くことなく復活した(魂が肉体に戻った)のかもしれません。

 

ただ、この可能性を考えたところ、加藤のケガ以外で発光したときに誰かが家族のことを思い出すなどエピソードがなかったので、生命の源というよりも前述のような時空を捻じ曲げたり、タイムスリップの可能性の方が高いかもしれませんね。

 

緑の光る石は元々は何だった?

緑色に光る石が複数見つかっていることから元々は大きな隕石だったのではないかと考えています。

別の記事でペンディングトレインの世界は30年後ではない?という可能性を考察していますが、やはりペンディングされた原因は隕石だったのではと考えています。

 

個人的にも隕石の可能性が一番高そうだということを考察しています。

 

つまり、元々は大きな隕石だったので、5号車と6号車をペントレの世界に飛ばしたものの、隕石がぶつかった後は粉々になってしまったのかもしれないですね。

偶然5号車の周りで見つかっていますが、大きさが小さいことや条件が揃っていないのでタイムスリップさせたり、前述のような不思議な力が発揮されないのかもしれないですね。

 

また、第5話では山本の口からスペースデブリの衝突によって、隕石が落下したと言っていました。

しかし、山本が言っていたのはウソなのではないかと考えています。

 

山本が隕石と言っていたのもスペースデブリが原因と言っていたのも、実は山本の想像で結論図けているのかもしれません!

⇒2060年はウソ?山本は支配しようとしている可能性についてはコチラ

 

ペンディングトレイン【緑の光る石】の秘密4選!ヤバい効果がある不思議な石?のまとめ

ペンディングトレインに登場する緑色に光る石の秘密について4つ考察してみました。

ペントレの緑の光る石の秘密4選

  • タイムスリップさせる
  • ヒーリング(治癒力向上)
  • 時空を捻じ曲げる
  • 生命の源

 

それぞれ事実も記載しているので、可能性はゼロではなさそうと考えています!

個人的には3つ目の『時空を捻じ曲げる』という秘密が濃厚ではないかと思います。

 

人や物に対して時空を捻じ曲げているのかもしれないですが、もしかするとケガをした人のケガや毒だけを時空を超えさせる力があり、子どもに『痛いの痛いの飛んでいけ』というように痛みや毒だけが飛ばされるなんてこともあるのかもしれません!

もしそうだとすると、結果的に治癒力があるようにも感じますよね。

 

でも未来に飛ばされているのは確実だと思いますので、最初に挙げたようにタイムスリップさせる力もあるのかもしれないですよね。

元々は大きな隕石だった可能性も考察しましたが、本当のところはどうなのでしょうか。

山本も隕石がぶつかったと言っていますが、私はどうも嘘くさいと感じてしまいました。

 

事実として隕石の衝突があったのかもしれませんが、山本も実は想像で話しているのかもしれないですよね。

 

それだけでなく山本は既に6号車の乗客を殺害しているのかもしれない考察もしています。

⇒北千住事件の犯人は山本が●した?についてはコチラ

 

ペンディングトレインのタイトルの意味を深堀したところサブタイトルにまで深い意味があるかもしれないことが分かりました!

⇒ペンディングトレインのタイトルの意味についてはコチラ

 

6号車の山本がなぜ5号車のことを知っていたのかについてもまとめています。

⇒なぜ5号車のメンバーを知っていたのかはコチラ

 

6号車の乗客も見つかってるってことはどこかに6号車があるのかも?

⇒ペンディングトレイン6号車はどこにあるのかはコチラ

 

どこかも分からない樹海のロケ地についても調べてみました。

⇒ペンディングトレインの樹海や砂漠のロケ地についてはコチラ

 

 

ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tebasaki