※本サイトはプロモーション広告を利用しています。
スポンサーリンク

【WBC】強化試合と壮行試合の違いは何?目的や試合形式どう違う?

【WBC】強化試合と壮行試合の違いは何?目的や試合形式どう違う?エンタメ

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の強化試合と壮行試合の違いは何なのでしょうか?

強化試合と壮行試合の目的や試合形式がどう違うのかまとめていきます。

 

この記事でわかること

  • WBC強化試合と壮行試合の違いは何?
  • WBC強化試合の特徴や目的
  • WBC壮行試合の特徴や目的

 

WBC侍ジャパンの日本代表と阪神タイガースの壮行試合もABEMAプレミアムで視聴可能です!

ABEMAプレミアムの登録はコチラ

220925_超RIZIN

 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2023年3月8日時点のものです。
最新の配信状況はABEMAプレミアム公式サイトにてご確認ください。

 

WBC強化試合と壮行試合の違いは何?

強化試合と壮行試合は、どちらもWBCの大会前に行われる試合です。

大きな違いは強化試合は公式練習試合に対し、壮行試合は侍ジャパン独自の非公式練習試合という違いがあります。

強化試合は選手たちが大会で戦うための体力や技術を磨くために行われる試合です。

強化試合では自分たちの実力を確かめたり、課題を見つけたりするために大会前に重要な役割を持っています。

 

一方、壮行試合は大会前に相手チームやファンに向けて自分たちのチームを紹介するような、あいさつの意味合いが強い試合です。

また、チームワークを確かめたり、試合前の緊張をほぐすためにも行われます。

 

例えば、学校の運動会でも運動会当日までに、クラスメイト同士で練習試合をすることがありますよね。

その練習試合がWBCでいうところの強化試合にあたります。

また、運動会の前に他のクラスと親善試合をすることもありますよね。

この親善試合がWBCでいうところの壮行試合にあたります。

 

WBC強化試合の特徴や目的

強化試合とはWBCの試合前に行われる練習の一つです。

前述の通り、WBC大会の一部として開催される公式練習試合です。WBCの公式試合なのでメジャーリーグ選手が出場することができます。

出場選手たちは、本番と同じような状況で練習をすることで、緊張感や本番と同じようなプレッシャーを感じることができます。

 

この練習は試合中に必要な技術や戦術を確認し、選手たちの自信をつけるためにも役立ちます。

例えば、ピッチャーがバッターに投げる球のコントロールを調整したり、守備陣が相手チームの打球に対する動きを確認することができます。

 

また、強化試合は選手たちの調子を見るためにも重要です。

選手たちは自分たちの課題を見つけることができ、それに対して取り組む目的があります。

 

WBCの公式試合なのでヌートバー選手や大谷選手が出場されていて打った後のジェスチャーパフォーマンスも話題になりましたね。

⇒ヌートバーのジェスチャーの意味についてはコチラ

 

WBC壮行試合の特徴や目的

壮行試合とは大会や試合に出場する前に、その前哨戦として行われる試合のことです。

前述の通り、野球日本代表である『侍ジャパン』が主催する独自の練習試合で、メジャーリーグの非公式試合です。

強化試合と同じように練習を兼ねていますが、選手たちの意気込みを高めたり、ファンに対して大会や試合に向けての意気込みを示す場としても重要です。

 

例えば、WBCの壮行試合では選手たちは大会に向けての意気込みを示し、ファンを盛り上げます。

また、試合中には大会や本番同様の緊張感を体験することで、大会に臨む準備をすることができます。

さらに、壮行試合は、大会に向けてのファンや選手たちの熱気を高めるためのイベントとしても楽しまれます。

 

メジャーリーグ非公式試合のため、メジャーリーガーの選手は出場することができません。

そのためサポート選手が参加されていましたね。

⇒サポート選手の意味や役割についてはコチラ

 

【WBC】強化試合と壮行試合の違いは何?目的や試合形式どう違う?のまとめ

WBCは世界中の国々が参加する野球の大会です。

この大会に出場するチームは、大会前に「強化試合」と「壮行試合」を行います。

 

強化試合はチームが練習してきたことを試合で実践するために行われます。

一方、壮行試合は大会に参加するチームが出場前に、その国の人々に試合を見せて、応援してもらうために行われます。

 

強化試合では、練習で試してきたことを試合でやってみます。

例えば、新しい戦術を使ったり、選手の調子を確認したりすることが目的です。そうすることで、大会で本番に強くなるために、チームの戦術や選手の調子を整えます。

 

一方、壮行試合では、大会前にその国の人々に試合を見せて、応援してもらいます。

大会に出場する国はその国の誇りを胸に試合に臨みます。

 

壮行試合では国民の応援を受けて、自分たちの力を見せることが目的です。

そして、その力を大会に持っていくために、チームが一体となって戦います。

 

WBCでは強化試合と壮行試合を行い、チームが本番に向けて力をつけます。国民の期待に応えるため、チームは全力で戦い、世界中の野球ファンを魅了します。

 

WBC日本代表と阪神タイガースの壮行試合もABEMAプレミアムで視聴可能です!

ABEMAプレミアムの登録はコチラ

220925_超RIZIN

 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

 

強化試合はWBCの公式試合なのでヌートバー選手や大谷選手が出場されていて打った後のジェスチャーパフォーマンスも話題になりましたね。

⇒ヌートバーのジェスチャーの意味についてはコチラ

 

大谷選手が申告敬遠されたのでどういうルールでメリットが何かなどまとめました

⇒申告敬遠とは簡単にルール説明すると何?についてはコチラ

 

壮行試合はメジャーリーグ非公式試合のため、メジャーリーガーの選手は出場することができません。

そのためサポート選手が参加されていましたね。

⇒サポート選手の意味や役割についてはコチラ

 

外国籍のヌートバー選手がなぜ日本代表なのか気になりました!

⇒ヌートバー選手は日本国籍じゃないのに日本代表入りできた5つの理由についてはコチラ

 

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tebasaki