※本サイトはプロモーション広告を利用しています。
スポンサーリンク

【ヌートバー】日本国籍じゃないのになぜ選ばれた?5つの日本代表選出した理由【WBC】

【ヌートバー】日本国籍じゃないのになぜ選ばれた?5つの日本代表選出した理由エンタメ

WBC侍ジャパンで話題のヌートバー選手ですが、アメリカ国籍なのに日本代表選手として選ばれています。

日本国籍じゃないのにWBC日本代表に選ばれた理由についてまとめていきます。

 

この記事でわかること

  • ヌートバーがWBC日本代表になぜ選ばれた?
  • ヌートバーがWBC日本代表に選ばれた5つの理由

 

WBC侍ジャパンの日本代表と阪神タイガースの壮行試合もABEMAプレミアムで視聴可能です!

ABEMAプレミアムの登録はコチラ

220925_超RIZIN

 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2023年3月11日時点のものです。
最新の配信状況はABEMAプレミアム公式サイトにてご確認ください。

 

ヌートバーがWBC日本代表になぜ選ばれた?

ヌートバー選手がなぜWBC日本代表選手に選ばれたのかというと、WBCの出場資格に問題ないからです。

WBCの出場資格

  • 当該国の国籍を有する
  • 当該国の永住資格を有する
  • 当該国で出生している
  • 本人の親のどちらかが当該国の国籍を有する
  • 本人の親のどちらかが当該国で出生している
  • 当該国の国籍、あるいはパスポートの取得資格を所持している。
  • 過去のWBCで当該国の最終ロースター(名簿)に登録された経験がある。

 

ヌートバー選手は4つ目と5つ目に該当するため、日本代表選手として選出されています。

ヌートバー選手の名前はLars Taylor-Tatsuji Nootbaar(ラーズ・テイラー=タツジ・ヌートバー)で日本名は榎田 達治(えのきだ たつじ)さんです。

 

ヌートバー選手の国籍はアメリカ国籍ではありますが、上記4つ目に該当する通り、母親が日本国籍であるためWBCの侍ジャパン日本代表選手として選出されています。

ヌートバー選手の母親は榎田 久美子(えのきだ くみこ)さんで、埼玉県東松山市出身の日本人です。

父親のチャーリー(Charlie)さんはオランダ系のアメリカ人ですが、母親が日本人のためWBC の日本代表選手として出場資格があります。

 

同じ理由で、ソフトバンクの真砂勇介選手も、父親が中国人で母親が日中のハーフの日中のクォーターですが、父親が中国国籍なので中国の代表選手としての出場資格があります。

 

ヌートバー選手の簡単なプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:Lars Taylor-Tatsuji Nootbaar(ラーズ・テイラー=タツジ・ヌートバー)
  • 日本名:榎田 達治(えのきだ たつじ)
  • 出身:アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス郡エルセグンド
  • 生年月日 1997年9月8日
  • 年齢:25歳(2023年3月時点)
  • 身長:190㎝
  • 体重:95㎏
  • ポジション:外野手
  • メインポジション:ライト
  • 学生時代のポジション:遊撃手(ショート)
  • 所属チーム:メジャーリーグ セントルイス・カージナルス
  • 右投左打

高校時代には野球だけでなくアメフトのプレーしていた経験もあり、2018年にドラフト指名がありプロに参入しています。

ヌートバー選手は、アメリカ国籍でもあるので、WBCの出場資格から日本代表でもアメリカ代表でも出場が可能ですよね。

 

ではなぜ、ヌートバー選手がアメリカ代表選手ではなく、侍ジャパン日本代表選手として選出された理由をまとめていきます。

 

ヌートバーがWBC日本代表に選ばれた5つの理由

最終的な出場選手はチームで決められるのですが、まずは栗山監督に注目されていたことが大前提ですよね。

アメリカ国籍にも関わらず、ヌートバー選手がWBC日本代表に選ばれた理由は5つ考えられます。

  • ヌートバーが日本代表として出場を希望したから
  • 日本での経験を活かすため
  • メジャーリーグの経験があるから
  • 守備範囲や吸収力に期待されたから
  • ムードメーカーとして必要だから

 

ヌートバーが日本代表として出場を希望したから

当時10歳だったヌートバー選手はのご家庭、高校生日本代表選手のホームステイ先のひとつでした。

そのときに帽子のつばを曲げることが流行っていて、早速ヌートバー選手もやっていました。

 

そして、高校生日本代表選手に影響を受けた10歳の時点で日本代表入りを夢に見ていたこともあり、今回の日本代表入りが決まりました。

日本人の母親・久美子さんがヌートバー選手が大事にしている高校日本代表選手全員のサイン入りの帽子をご紹介していますね。

ヌートバー選手にとって侍ジャパンの日本代表入りをどれだけ待ち望んでいたのかが伺えるものですよね。

 

日本での経験を活かすため

ヌートバー選手は過去に日本でのプレー経験はありません。

ですが、同じ侍ジャパンの大谷選手やダルビッシュ選手など、超大物選手との練習や試合経験は簡単には出来ませんよね。

 

実際に日本でのプレー経験は既にヌートバー選手もインタビューで『素晴らしい経験になった』と答えていて、打撃も守備もファインプレーを見せていますね。

今回のWBCで初めて知ったという日本のファンもアメリカではなく、日本でのプレーを望んでいる声も挙がっていますし、ヌートバー選手の経験もファンの獲得も両方に良い影響がありますよね。

 

壮行試合や強化試合からも大切にプレーしている姿が印象的ですし、多くのファンが魅了されてしまいますよね!

⇒壮行試合や強化試合の違いについてはコチラ

 

メジャーリーグの経験があるから

WBCでは海外選手との戦いになるのでメジャーリーグでのプレイ経験はとても貴重です。

 

特にアメリカでのプレー経験は誰でもできるものではありませんし、日本チーム全体にも必要な人材と言えるのではないでしょうか。

2022年は主にライトでの出場が多く、メジャーで108試合に出場して打率.228、14本塁打、40打点を記録した経験は日本代表チームにも影響を与える選手ですよね!

 

守備範囲や吸収力に期待されたから

ヌートバー選手は、すでに連日ファインプレーを見せていますよね!

ボールを投げる肩の強さもありますし、外野は全ポジションを守れるので状況に応じてポジションを変えることもでき、戦略の幅が広がります。

足の速さもあるので守備範囲も広く、捕球が難しい状況でもしっかりと捕ってくれていて本当に期待できますよね!

 

そして、吸収力の高さは栗山監督も期待しています。

肩の強さであったり、がむしゃらさであったり、1球1球本当に一生懸命プレーし続ける姿であったり、学び続ける姿勢を持って、いろんなものをすぐに吸収して、あの若さでどんどん形にしてくれると僕は信じたので。皆さんが思っているような活躍をしてくれると信じています。

引用:日刊スポーツ

栗山監督がおっしゃるように、プレーしている姿やチームメイトが打ったときの喜び方からも常に自分事として考えているからこそではないかと感じます。

年齢的には若い選手ではありますが、試合中に成長し続けるような選手ではないかと思います。

 

ムードメーカーとして必要だから

ヌートバー選手はメジャーリーグでもムードメーカー的存在です。

壮行ペッパーグラインダー(ペッパーミル)を回すパフォーマンスは大谷選手もマネしているほどです。

 

そして韓国戦では円陣声出しにも任命されていますし、盛り上げ方も抜群に上手いですよね!

日本名の榎田 達治(えのきだ たつじ)という名前からも『たっちゃん』とニックネームもあり、ファンからとても愛されていることが分かります。

 

また、Twitterでも『ヌートバー』がトレンド1位を獲得するなど、一気にファンもヌートバー選手の魅力に気付いたとも言えると感じます。

ヌートバー選手がかわいいとも話題になっていますし、ヌートバー選手のムード作りは侍ジャパンの日本代表選手もポジティブな気持ちになりますよね!

 

壮行試合や強化試合で話題になったペッパーミルを回すジェスチャーについてもまとめています!

ヌートバー選手のジェスチャーの意味についてはコチラ

 

【ヌートバー】日本国籍じゃないのになぜ選ばれた?5つの日本代表選出した理由【WBC】のまとめ

ヌートバー選手は日本国籍ではありませんし、日本語が話せるわけでもありません。

しかし、WBCの出場資格の『本人の親のどちらかが当該国の国籍を有する』『本人の親のどちらかが当該国で出生している』に該当しているので日本代表として出場する資格があります。

 

栗山監督もヌートバー選手の肩の強さ、守備範囲の広さ、吸収力の高さなど、ヌートバー選手に期待しています。

その期待通りに連日ファインプレーをしていますし、チームの活躍には本当に自分自身のことのように喜んでいる姿は少年のようでかわいいですよね!

 

3月10日の韓国戦ではヌートバー選手はヒーローインタビューもされていますし、大大大活躍しているのは間違いないです!

ペッパーミルのパフォーマンスで日本代表チームだけでなく、ファンまで盛り上がりを見せていますので、今後もどんなプレーやパフォーマンスで盛り上げてもらえるのか本当に楽しみですよね!

 

WBC日本代表と阪神タイガースの壮行試合もABEMAプレミアムで視聴可能です!

ABEMAプレミアムの登録はコチラ

220925_超RIZIN

 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

 

強化試合はWBCの公式試合なのでヌートバー選手や大谷選手が出場されていて打った後のジェスチャーパフォーマンスも話題になりましたね。

⇒ヌートバーのジェスチャーの意味についてはコチラ

 

壮行試合はメジャーリーグ非公式試合のため、メジャーリーガーの選手は出場することができません。

そのためサポート選手が参加されていましたね。

⇒サポート選手の意味や役割についてはコチラ

 

大谷選手が申告敬遠されたのでどういうルールでメリットが何かなどまとめました

⇒申告敬遠とは簡単にルール説明すると何?についてはコチラ

 

強化試合と壮行試合の目的や試合形式がどう違うのかについてもまとめています。

⇒強化試合と壮行試合の違いについてはコチラ

 

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tebasaki