冬にワイパーを立てる理由とは?豪雪時には立てない方が良いことも!

カーライフ

 

冬の時期に気温が氷点下になる夜や、雪が降る予報が出たときにワイパーを立てているのを見たことがありませんか?

寒くない季節にはワイパーを立てないのに、なぜ冬の時期はワイパーを立てるのでしょうか?

 

今回は冬の時期にワイパーを立てる理由について解説していきます。

冬の時期にワイパーを立てることは効果的なのですが、ワイパーを立てない方が良い場合もあります。

 

私は国家一級自動車整備士の資格を持っていますので、私が持っている経験や知見を活かして解説していきます!

 

今回の内容はワイパーへの負担を減らせる可能性がありますので、寒い季節には本記事の内容を思い出していただければと思います!

 

冬にワイパーを立てる理由

冬にワイパーを立てる理由は3つの理由があります。

  • フロントガラスが凍り付いてワイパーが張り付いてしまうことを防ぐ
  • ワイパーが破損してしまうリスクを防ぐ
  • ワイパーゴムの劣化を防ぐ

 

このようなリスクを防ぐためにも、氷点下まで気温が下がる日や降雪予報が出ている日の夜にワイパーを立てて、上げておくことが効果的になります。

 

後述しますが、すべてにおいて立てておくことが有効とは限りません。

あくまで目安ではありますが約30cm未満の積雪量であればワイパーを立てる方が良いです!

 

では、立てておく理由について、それぞれ解説していきます!

 

 

フロントガラスが凍り付いてワイパーが貼り付いてしまうことを防ぐ

冬のような寒い時期には気温が氷点下になってしまう日もありますよね。

氷点下になってしまうと水は氷になります。

 

つまり車や道路についている水分などが凍りついてしまって凍結してしまいます。

車についた水分が凍り付いてしまうと、フロントガラスに触れているワイパーは貼り付いてしまう可能性があります。

 

貼り付くだけであれば特に問題はないのですが、この状態のままワイパーを動かそうとしてしまうと動きにくいものを無理やり動かそうとする状態になります。

この状態ではモーターに必要以上の負荷がかかってしまい、モーター本体が故障したり、ワイパーブレードが曲がってしまう可能性があります。

 

 

ワイパーゴムの劣化を防ぐ

前述のように氷点下の気温になると「フロントガラスが凍り付いてワイパーが貼り付いてしまう」こともあります。

 

貼りついた状態でワイパー動かしてしまうと、ワイパーゴムを無理やり引っ張られる状態になります。

劣化の状況次第では引きちぎれることもありますので要注意です!

 

実際にご来店いただいたお客様に相談いただいた経験があります。

お客様はワイパーゴムが劣化していることは知っていたのですが、車検が近いこともあったので車検の時期まで交換するのを待っていました。

 

しかし車検より先に凍結してワイパーゴムが貼りついてしまい、そのまま無理やりワイパーを動かしたことでちぎれてしまった。という方もいらっしゃいます。

 

無理やり動かすことで劣化を早めてしまったり、交換しないといけなくなります。

凍結や貼りついてしまったときにはお湯などで溶かしてからワイパーを動かしてください。

 

ワイパーが破損してしまうリスクを防ぐ

例えば雪が降ったときに長時間駐車する場合、ワイパーを立てずに駐車しておくと車の屋根から雪が滑り落ちてくることも考えられます。

 

ワイパーは水平方向に取り付けられていることが多いので、滑り落ちてきて雪を受け止めるような状態になります。

少しの雪であれば特に問題はないのですが、雪が多い状態だと雪を受け止め続けることになり、ワイパーが曲がってしまうこともあります。

 

最悪の場合には折れてしまう可能性もゼロではので要注意です。

 

 

冬にワイパーを立てない方が良い理由

上記では「冬にワイパーを立てる理由」について解決しましたが、全ての状況においてワイパーを立てた方がいいというわけではありません。

 

ではどういう時にワイパーを立てない方がいいのかについて解説していきます。

 

ワイパーを立てない方が良い状況は大きく分けて2つあります。

  • 雪が落ちてくるところに駐車するとき
  • 豪雪予報があるとき
  • 強風が吹いているとき

 

豪雪地域にお住いの方や、旅行に行った際は注意いただきたい状況ですね。

30cmほどの積雪量であれば、立てておいた方が良いですが、さらに雪の量が多い地域であればワイパーを立てない方が良いですね。

 

ひとつずつ解説していきます。

 

 

雪が落ちてくるところに駐車するとき

こちらは何十 cm や何 m も雪が積もる可能性がある場所に特に注意したい状況です。

例えば上から雪が滑り落ちてくる可能性がある、屋根や近隣の建物、電線などの下に駐車する場合ですね。

 

もし雪が落ちてくるような場所に駐車する場合、雪の塊がドサッと落ちてくる可能性があります。

この時にワイパーを立てているとワイパーブレードやワイパーアームが曲がってしまったり折れてしまう可能性があるので、ワイパーは寝かせたままの方が良いです。

 

一番良いのは雪が落ちてくる可能性がない場所で駐車することですが、どうしても仕方がない状況もあると思います。

豪雪地域でなくても落ちてくる雪の勢いは、かなりのものなのでご注意ください。

 

 

豪雪予報があるとき

ここでいう豪雪というのは立ち上げたワイパーをも覆われてしまうほどの大雪を指しています。

数メートル単位で、雪が積もる状況ですね。

 

ワイパーが覆われるほどの雪が降ると、ワイパーアーム全体にかかる雪の重みも大きくなります。

豪雪予報の際はワイパーを立てずに、寝かせておく方がワイパーへの負荷が減ります。

 

 

強風が吹いているとき

こちらについては豪雪地域でも、豪雪でない地域でも言えることです。

 

ワイパーアームにはバネが入っているので、ワイパーアームを立てているとバネのチカラと強風の影響によって、ワイパーがフロントガラスに叩きつけられる状況になります。

 

状況次第ではワイパーアーム金属部分がフロントガラスに叩きつけられてしまうことがあるので、フロントガラスにヒビが入ってしまう可能性があります。

 

普通ならワイパーゴムがフロントガラスに叩きつけられても、よっぽど大丈夫です。

しかし、あまりにも風が強い場合には絶対に大丈夫とは言えないので、ワイパーを立てずに寝かせておくほうがいいです。

 

雪かきのポイント

次に雪かきのポイントについてご説明します。

 

特に出勤時など、急いでいるときほど忘れがちなのですが車のガラス部分だけでなく、ルーフに乗っている雪も降ろして下さい。

 

私も経験があるのですが、ガラス部分だけ雪かきして走り出して、信号待ちでブレーキを踏んだらルーフに乗っていた雪がフロントガラス全面を覆い隠してしまい、完全に前が見えなくなりました。

幸い、信号待ちの状況だったので大丈夫でしたが、突然視界が奪われる恐怖は皆さんには味わってもらいたくないので、ルーフの雪から降ろしていってください!

 

降ろし方は車に対して前後方向ではなく、左右方向に降ろしてください。

前後方向に降ろすことでワイパーに無理な力がかかる可能性があるからです。

 

ルーフの雪を下した後はガラス部分になりますが、ワイパーが雪で見えなくなっている可能性がありますので、ワイパー近くはあまり力強く雪かきしないようにしてください。

 

私の担当したお客様の中で、スコップを使って勢いよく雪かきをしている時に、ワイパーが引っかかってしまいポキッと折れてしまった事例もあります。

車種にもよりますが、樹脂のワイパーブレードが採用されていることもあり、雪に冷やされて割れやすい可能性もありますので注意してください!

 

フロントガラスが凍り付いてしまった場合

次にフロントガラスが凍り付いてワイパーが貼り付いてしまった場合です。

 

貼り付いてしまったワイパーは無理に引っ張ることは厳禁です。

ぬるま湯を使って溶かすことが有効です。

 

溶かす際、熱湯を使ってしまうと急激な温度変化に耐え切れず、フロントガラスが割れてしまう可能性があります。

具体的には35度前後の手で触れるとお風呂よりもぬるいぐらいの温度のお湯が無難です。

 

解氷スプレーもフロントガラスの凍結に有効ではありますが、スプレーの成分がワイパーゴムとの相性に合わないものもありますので、ワイパーにはスプレーがかからない方がいいです。

 

迷ったらぬるま湯をかけて溶かしてください!

 

冬にワイパーを立てる理由とは?豪雪時には立てない方が良いことも!まとめ

冬にワイパーを立てる理由は凍結や雪によってワイパーに負担がかからないようにすることが理由です。

 

しかし、全ての状況においてワイパーを立てるがいいというわけではありません。

特に豪雪地域の場合、ワイパー立ててない方が良いケースもあります。

 

車に雪が積もった時は車のルーフの雪も忘れずに降ろしてくださいね!

道具を使って雪かきをすることも有効ですが、ボディに傷がついたり、ワイパーに引っかかって折れててしまう可能性もありますのでご注意ください。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました