※本サイトはプロモーション広告を利用しています。
スポンサーリンク

WBC【3位決定戦】なぜやらない?3つの理由と準決勝で負けたらどうなる?

WBC【3位決定戦】なぜやらない?3つの理由と準決勝で負けたらどうなる?エンタメ

WBC2023は3位決定戦はやらないことが決まっていますが、なぜ3位決定戦をやらないのでしょうか。

WBCは世界中の国々から参加があるので、ちゃんと3位を決めた方が良いのではないでしょうか。

 

この記事でわかること

  • WBCで3位決定戦なぜやらない?
  • 準決勝で負けたらどうなる?

 

WBC侍ジャパンの日本代表と阪神タイガースの壮行試合もABEMAプレミアムで視聴可能です!

ABEMAプレミアムの登録はコチラ

220925_超RIZIN

 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2023年3月17日時点のものです。
最新の配信状況はABEMAプレミアム公式サイトにてご確認ください。

 

侍ジャパン優勝記念にフェイスタオルもゲットしておきたいですね!

 

WBCで3位決定戦なぜやらない?

WBCで3位決定戦なぜやらないのかというと3つの理由があるからです。

WBCで3位決定戦をやらない理由

  • 出場選手たちのため
  • 1位が決まれば良いから
  • 3位を決める必要がないから

それぞれ解説していきます。

 

出場選手たちのため

まず最初にWBCで3位決定戦やらない理由として挙げられるのは、各国の出場選手のためです。

 

WBCが行われているが現在では、シーズンはまだ始まっていません。

ですが、WBCが終了すると帰国してから1週間ほどでシーズンが始まります。

 

準々決勝や1次ラウンドの試合でも『試合時間が長い』とSNSでも声が挙がったように、野球は1試合の時間がかなり長いです。

サッカーのように制限時間がないので、同点が続けば延長戦になります。

今までも4時間かかった試合もあったので、延長戦にまでなると何時間かかるのか分かりません。

 

このような長時間の試合になると観客も疲れてしまうのも当然ですし、出場選手は集中し続けているので観客の何倍も疲労が溜まります。

次に続く理由もありますし、まずは所属球団での活躍に支障がないことが何よりも重視されているからです。

 

1位が決まれば良いから

そもそもWBCは野球の世界一を決める試合です。

決勝戦では優勝国と準優勝国が決まるので、3位を決めるためにWBCは開催されていませんよね。

 

各国が様々な作戦を立てて、世界で活躍する選手の中から誰にオファーするのか、どんな作戦で戦うのか、それぞれが優勝を目指して戦っています。

その中で3位を決めるためには戦いませんよね。

 

この次にもあるように、わざわざ3位を決める必要がないので3位決定戦は行われません。

 

3位を決める必要がないから

前述の通り、WBCでは世界一を決める戦いです。

3位決定戦をやらないのは、そもそも3位を決める必要がないからです。

例えば甲子園でも3位決定戦を行わないのも優勝校を決める戦いだからですよね。

 

各国の監督が世界中から自国選手を選定していますが、元々は国内リーグやメジャーリーグで活躍している選手ばかりですよね。

例外的にチェコの代表選手のような本職が別にある選手も出場されていますが、WBCが終わるとそれぞれの球団や生活に戻るため、長時間かかる試合を行い、準決勝まで戦い抜いた後にケガのリスクまで背負う必要もないからです。

 

実際に試合の直後にケガをしてしまった選手もいました。

このような不測の事態のためにも保険に加入していて、お金の面で言えば問題ありません。

 

ですが、大谷選手のようなスーパースターがケガをして所属球団でシーズンを迎えることができなかった場合、大谷選手のプレーを楽しみにしていたファンの皆さんも残念ですよね。

またチームメイトもスーパースターの欠場が決まれば戦力ダウンは必至です。

 

ファンの皆さんも所属球団の皆さんも野球をプレーすることを待ちわびているので、保険金が出れば問題ない。とはならないということです。

 

準決勝で負けたらどうなる?

では3位決定戦が行われないということは、準決勝で負けてしまった場合どうなるのかというと同率3位ということになります。

言い換えると4強やベスト4とも言えますよね。

 

前述の理由から、3位を決めることに大きなメリットはないので、準決勝で負けてしまってしまった2チームは一緒の戦績として残ります。

 

個人的には日本が負けるとも思っていませんし、このまま優勝まで駆け抜けてもらえると信じて応援しています!

ただ、仮に…いや、万が一日本が準決勝で負けてしまったとしてもキューバの得失点差を数えてみたり、優勝国から何点取れたかなどの比率を出して、どうにかキューバに勝っているところを探してしまうと思います。(笑)

 

WBC【3位決定戦】なぜやらない?3つの理由と準決勝で負けたらどうなる?のまとめ

WBCで3位決定戦なぜやらないのかというと3つの理由があるからです。

WBCで3位決定戦をやらない理由

  • 出場選手たちのため
  • 1位が決まれば良いから
  • 3位を決める必要がないから

 

大谷選手をはじめ、ダルビッシュ選手やヌートバー選手など、出場選手の皆さんは所属球団がありあすし、シーズン開幕も迫っているのでケガを負うリスクは徹底して避けなければなりませんよね!

 

今回3位決定戦が行われないのは初めてではなく、今までも3位決定戦が開催されていないので、特別ルールとして3位決定戦をやらないわけではありません。

今までと同じく、問題なくWBCを終えて、WBCの後もファンの皆さんを熱狂させるプレーを見せていただきたいですね!!

このまま日本が優勝するように応援を続けていきます!!!

 

 

WBC日本代表と阪神タイガースの壮行試合もABEMAプレミアムで視聴可能です!

ABEMAプレミアムの登録はコチラ

220925_超RIZIN

 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

 

侍ジャパン優勝記念にフェイスタオルもゲットしておきたいですね!

 

WBC優勝パレードは開催されるのか、とても気になりますよね。

⇒WBC優勝パレードはいつ開催されるのかについてはコチラ

 

栗山監督の隣にいるイケメンコーチについてもまとめています。

⇒栗山監督の隣のイケメンコーチは誰なのかについてはコチラ

 

強化試合はWBCの公式試合なのでヌートバー選手や大谷選手が出場されていて打った後のジェスチャーパフォーマンスも話題になりましたね。

⇒ヌートバーのジェスチャーの意味についてはコチラ

 

申告敬遠の場合、実際には投げていないので、投球数はカウントされません。

もし申告敬遠を知りたい方は、以下も是非チェックしてみてください!

⇒申告敬遠の簡単なルール説明についてはコチラ

 

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tebasaki