真犯人フラグ篤斗がバタコをお母さんと呼んだ理由は?2パターン考察

真犯人フラグ篤斗がバタコをお母さんと呼んだ理由は?2パターン考察 ドラマ

 

真犯人フラグの篤人がバタコの写真を見た時にお母さんと呼んだ理由ついてまとめていきます!

 

病院で篤斗が阿久津刑事からバタコの写真を見せられた時に「お母さん」と呼んでいました。

本当のお母さんは真帆ではないかと思いますが、なぜお母さんと呼んだ理由について考察していきます!

パターンとしては2パターン考えられると考察しています!(ネタバレありです)

 

今回は、ドラマ真犯人フラグの篤斗がなぜバタコを「お母さん」と呼んだのか考察していきたいと思います!

 

真犯人フラグの見逃し配信は、huluで見れます!

登録後の無料体験期間は2週間あります!

huluの登録はコチラ/ 無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。
最新の配信状況はhuluにてご確認ください。

 

また、オフィシャル考察ガイドも発売されています!

 

他にも真犯人フラグについて記事をアップしています!

⇒真犯人フラグの関連記事一覧はコチラ

 

 

篤斗がバタコをお母さんと呼んだ理由は?

なぜ篤斗はバタコのことをお母さんと呼んだのでしょうか?

私は以下のどちらかではないか?と考察しています。

 

  • 篤斗はバタコに洗脳されている
  • 篤斗の本当の母親は真帆ではなくバタコ

それぞれ考察していきます!

 

篤斗はバタコに洗脳されている

篤斗は凌介が真帆と光莉を殺したと証言していますが、現状では凌介がやったことにはなっていません。

 

篤斗の回想として、凌介が犯行しているような映像が流れますが実際にはそんなシーンは恐らく存在していないので、現実味がない状況ですよね。

現実味がないということは、事実が捻じ曲げられているように洗脳されていて、凌介がやったように見せられている。という可能性があります。

 

もし洗脳されているのであれば、凌介のことだけに関して洗脳するのではなく他のことも都合よく洗脳することができるはず。

都合よく情報操作できるのに、わざわざ凌介のことだけ洗脳しておくのは考えにくいのではないでしょうか?

 

バタコは篤斗を味方に付けることで都合が良いから洗脳している。と考えるとバタコが恨みを持っている凌介のことを敵対視させるために同時に洗脳した。と考えると自然な気がします。

 

 

篤斗の本当の母親は真帆ではなくバタコ

バタコが本当の母親だった可能性も考えてみました。

 

DNA鑑定の結果、凌介は篤斗と親子関係はなく、林の子供であることが分かりましたね。

もしこの事実を篤斗も知っているとしたら・・・?

 

注目したいのは「ママ」ではなく「お母さん」と呼んだことです。

今分かっている呼び方は以下の通り。

  • 凌介:パパ
  • 真帆:ママ
  • バタコ:お母さん

 

篤斗はバタコのことを認識しているので、どこかで接点はあるはず。

なぜかバタコは篤斗が凌介の本当の子供ではないことを知っているので、逆に言えばどこかで接点のある篤斗に「凌介が本当の親じゃない」とバラすことができますよね。

 

もし同時に真帆も本当の母親ではないとして、バタコが本当の母親だとしたら・・?

この事実を知ったとして、篤斗がいきなり「パパ」「ママ」と呼んでいた人を、「凌介」「真帆」と下の名前で篤斗が呼ぶのも変ですよね。

 

そこで篤斗の考えとして、データに例えるとファイル名(名前)をそのままで、フォルダ(家族か家族以外か)を移動したと考えた。

結果、本当の親は「お父さん」「お母さん」と呼ぶと決めたとしたらどうでしょうか?

 

だとすれば、林も(ついでに)追加すると以下のような呼び方になるのではないかと考察しました。

  • 凌介:本当の親じゃないから「パパ」
  • 真帆:本当の親じゃないから「ママ」
  • バタコ:本当の親だから「お母さん」
  • 林:本当の親だから「お父さん」?

 

このような呼び方になる可能性もあるのかと思いました。

 

 

真犯人フラグの見逃し配信

真犯人フラグをもう一度見たい場合はhuluで見れます!!

 

huluの登録はコチラ/

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。

最新の配信状況はhuluにてご確認ください。

 

しかも、登録後から2週間の無料体験できる期間があります・・!!

無料期間(2週間)中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

無料で見逃し配信を見る方法を詳しく解説しています。

⇒無料で真犯人フラグの見逃し配信を見る方法はコチラ

 

 

真犯人フラグ篤斗がバタコをお母さんと呼んだ理由は?2パターン考察まとめ

ポイントは「ママ」ではなく、「お母さん」と呼んだことにあると思います。

 

現状では篤斗は凌介の子供ではないということになっていますが、以下のことも考えられます。

 

  • DNA鑑定の結果が何者かによって偽造されたものに差し替えられていた
  • DNA鑑定に出したサンプルが篤斗とは別人のものだった
  • バタコも誰かに洗脳されていて、篤斗へ洗脳による洗脳をしている

 

仮にサンプルは間違いなく篤斗のもので、凌介のDNAと一致していなかったとすると、さすがに真帆の子供でもなかったときの説明が難しいと思います。

父親は凌介ではなく林である可能性が浮上するかと思いますが、さらに真帆でもないとなると完全な赤の他人が相良家にいることになるので、考えにくいと思いました。

出生時の取違い?ぐらいの間違いがないと可能性としては低いのかな?と感じます。

 

個人的には篤斗は何者かに都合よく洗脳されている。バタコは本当の母親ではないと考察しています。

 

 

また、オフィシャル考察ガイドも発売されています!

 

他にも真犯人フラグについて記事をアップしています!

⇒真犯人フラグの関連記事一覧はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました