【国際孵化】色違いの確率は?やってはいけないこととは?【ポケモンSV】

【国際孵化】色違いの確率は?やってはいけないこととは?【ポケモンSV】 ゲーム

ポケモンSVでの色違いの確率を上げるのには国際孵化が有効だと言いますが実際の確率はどれぐらいなの?

国際孵化でやってはいけないことはあるのかまとめていきます。

 

この記事でわかること

  • 国際孵化で色違いが生まれる確率は?
  • 国際孵化のやりかた
  • 国際孵化でやってはいけないこと

 

国際孵化で色違いが生まれる確率は?

国際孵化とは、国籍の違う親トレーナーのポケモンでタマゴを作って孵化させることです。

この国際孵化の方法を使うことで、何もしないよりも色違いが生まれる確率は約6倍アップします。

 

また『ひかるおまもり(ひかおま)』と一緒に使うことで約8倍までアップします。

国際孵化で色違いが生まれる確率

  • ひかおまなし
    通常孵化:1/4096、約0.024%
    国際孵化:1/683、約0.14%
  • ひかおまあり
    通常孵化:1/1365、約0.073%
    国際孵化:1/512、約0.19%

 

生まれてくるポケモンが色違いでも、色違いでなくてもポケモンの強さは変わりませんが、色違いはとてもレアなので国際孵化によって厳選されることが多いです。

 

国籍の決まり方

国籍はプレイしている国や場所ではなく、ソフトの言語を何に設定したのかによって国籍が決まります。

自分が日本語に設定したのであれば日本国籍になります。

日本国籍なのであれば英語やドイツ語に設定した親トレーナーのポケモンとタマゴを作ることで国際孵化が可能になります。

 

色違い厳選時に個体値を5V1Uや6Vなどを目指すのは、かなり苦労するので特別な理由がない限りおすすめしません。

⇒個体値の6Vなどのアルファベットについての解説はコチラ

 

ひかおまなしでも約6倍色違いが生まれる

国際孵化と『ひかるおまもり(ひかおま)』の効果を合わせることで、確率は通常の約8倍の1/512まで上げることができます。

しかし、あくまで確率なので1/512だからといって、タマゴ512個以内に必ず色違いが出るとも限りません。

 

1/512は約0.19%の確率なので、約8倍の確率に上げてもかなり低い確率です。

あくまで確率による運次第なので、タマゴ1,000個作っても色違いが1匹も生まれない結果になることもあれば、1個目に色違いが生まれることもありえます。

 

しかし、通常孵化でひかおまなしの場合だと、もっと確率が低いので、色違いの厳選をするのであれば最低でも国際孵化をして確率を1/683(約0.14%)に上げてくださいね!

 

ちなみにひかおまなしでも国際孵化だと通常よりも約6倍色違いが生まれやすくなりますよ。

国際孵化の場合、ひかおまがあっても0.05%の差です。

持っていれば良いですが、仮に持ってなくても無理ゲーではないですね!

 

『ひかるおまもり』は図鑑を400匹捕まえて、学校の1-Aクラスにいるジニア先生に話しかけると図鑑完成の報酬として入手できます。

最速で図鑑埋めできる方法についてもご紹介しています。

⇒最速図鑑埋めの方法やソロでも御三家・伝説ポケモンを入手する方法はコチラ

 

国際孵化のやりかた

国際孵化のやりかた

  1. 海外産のポケモンを入手する
  2. 手持ちをタマゴにしたい2体のポケモンだけする
  3. おまかせレポートを『しない』に設定
  4. レポートを書いてセーブする
  5. ピクニックする
  6. 食事パワーでタマゴパワーをつける
  7. 30分間タマゴを回収しまくる
  8. 30分後回収した回収したタマゴを孵化させる
  9. 色違いが出なければリセットして4からやり直す
  10. 色違いが出るまで繰り返す
  11. 色違いが出たらセーブ

 

上記の手順でタマゴを作っていきます。

タマゴは回収した時点で色違いかどうか決まるので、やり直す時にはタマゴを回収する前からやり直す必要があります。

 

また、食事パワー(タマゴパワー)はリセットすると効果も終了してしまうので、やり直す時はピクニックをするところから再開する必要があります。

 

海外産だったら何でも良いの?

日本産(自分)のポケモンと海外産のポケモンを組み合わせるのであれば国籍はどこでも大丈夫です。

ただし、英語産と英語産、ドイツ産とドイツ産のように、海外産でも2体の国籍が同じだった場合には国際孵化にならないので注意してください。

自分が英語でプレイしているのであれば、日本語でプレイしている身近な人から交換してもらっても良いですね!

 

海外産のポケモンとして、性別やタマゴグループなどを考えなくて良くておすすめなのは海外産のメタモンです。

⇒海外産メタモン交換の合言葉やパスワード8桁についてはコチラ

 

タマゴパワーのレベルは?

タマゴパワーのレベルはできればレベル2が良いですが、最低でもレベル1のタマゴパワーを付けてください。

 

タマゴパワーがついていないと、ピクニック中にタマゴが見つかるまでの時間がかなり短縮できます。

おすすめレシピ

  • タマゴパワーLv.1:ジャムサンド
    バナナスライス
    ピーナッツバター
    バター
  • タマゴパワーLv.2:スーパーピーナッツバターサンド
    いちごスライス
    ベリージャム

スパイスを持っていればレベル3のタマゴパワーを付けられますが、貴重なのでレベル2でも十分かと思います。

 

タマゴ回収の際の注意点

ピクニック中にバスケットを調べることでタマゴを回収することができます。

このときにAボタン連打でテキストが出た状態を続けるのはタマゴができるまでの時間が長くなるので逆効果です。

 

バスケットには最大10個のタマゴが収容できます。

タマゴパワーがレベル2であれば5分程度で、10個できるので5分放置、回収を繰り返してください。

繰り返すことで50個ほど回収できるのではないでしょうか。

 

タマゴの孵化時間を早める方法

タマゴは手持ちに入れて歩くことで孵化します。

歩くときに『ほのおのからだ』か『じょうききかん』を持っているポケモンを先頭にして歩くと孵化までの時間が半分に短縮できます。

 

歩くよりもライド状態で走り回った方が歩数が稼げるので、『ほのおのからだ』か『じょうききかん』を持っているポケモンを先頭にしたらライド状態で走り回ってください。

『ほのおのからだ』か『じょうききかん』を持っているポケモン

  • ヒノヤコマ
  • ファイアロー
  • メラルバ
  • ウルガモス
  • タンドン
  • トロッゴン
  • セキタンザン
  • カルボ(夢特性)

上記のポケモンがいなくても孵化はしますが、国際孵化による色違い厳選していく場合には高速でタマゴを回収して孵化させていく必要があります。

 

前述の通り、確率が低いのでかなりの数を孵化させる必要があります。

上記の動画では、回収した時点で色違いが確定しているのか、孵化直後に電池切れなどによるリセットが起こってしまったとしても色違いは確定なのかを検証されています。

 

今回の場合、食事パワーを使ってタマゴを回収していくので、食材を節約するために前述のタイミングでセーブしています。

動画内のセーブタイミングとは違いがあるので、間違えないようにしてくださいね!

 

国際孵化でやってはいけないこと

国際孵化でやってはいけないこと

  • 生まれたポケモンでタマゴを作る
  • 親ポケモンを同じ国籍にする
  • ピクニック前におまかせレポートONのまま
  • 食事パワーを使った後にレポートを書く
  • タマゴを回収した後にレポートを書く
  • 色違いが出た後にレポートを忘れる

上記5つのことはやらないでください。

 

生まれたポケモンでタマゴを作る

親ポケモンより良い個体値が出たときには、生まれたポケモンと親ポケモンを入れ替えて、再度国際孵化をしていく方法もあります。

 

この場合には入れ替えたことによって、国際孵化ではなくなる可能性があります。

国際孵化でなくなった場合、色違いの出現する確率が下がります。

海外産のメタモンを使っているのであれば問題ありませんが、2体の親ポケモンの国籍が違うことを確認してから国際孵化させて、色違いを厳選してください。

 

親ポケモンを同じ国籍にする

国際孵化させるときには、親ポケモンの国籍を別々の国籍にする必要があります。

例えば、北米産メタモンを使っているのに、タマゴにしたいポケモンも北米産にしてしまうと国籍が同じになってしまい、国際孵化ではなくなってしまいます。

 

ドイツ産とドイツ産でも同じなので、北米産とドイツ産、日本産とドイツ産、日本産と北米産のように親ポケモンの国籍が別々になっているか必ず確認してください。

 

ピクニック前におまかせレポートONのまま

おまかせレポートONのままにしていると、操作ミスでバトルしてしまうとセーブされてしまいます。

食事パワーの食材を節約するためにピクニック前にレポートを書いているので、途中でレポートを書いてしまうとリセットしても、食材消費前に戻れません。

 

間違ってレポートしてしまわないように、必ずおまかせレポートはオフにしておいてくださいね。

 

食事パワーを使った後にレポートを書く

食事パワーを使った後にレポートを書いて、リセットしてしまうと食事パワーも終了してしまいます。

食材消費を抑えるために、リセットできるように準備しているので、ピクニック前にレポートを書いた後はレポートをかかないように気をつけてください。

 

タマゴを回収した後にレポートを書く

タマゴを回収した時点で、タマゴは色違いなのか確定しています。

つまり、タマゴを回収した後では何回リセットしても結果は同じです。

 

レポートしてしまった後、色違いが出れば良いですが、色違いが出なかった場合には何度リセットしても色違いは出ません。

 

色違いが出た後にレポートを忘れる

色違いが出た後、安心してソフトを終了してしまうと、色違いのタマゴを回収する前に戻ってしまいます。

つまり、再度国際孵化のやり直しになってしまうので、全ての手順に沿って進めて色違いのポケモンが出現したら必ずレポートを書いてください。

おまかせレポートもオフにしているので、忘れずに元の設定に戻してください。

 

【国際孵化】色違いの確率は?やってはいけないこととは?【ポケモンSV】のまとめ

 

ゲーム
スポンサーリンク
tebasaki
タイトルとURLをコピーしました