ドクターホワイト第6話感想やあらすじネタバレ!白夜の余命は1年以内?

ドクターホワイト第6話感想やあらすじネタバレ!白夜の余命は1年以内? ドラマ

 

ドクターホワイト第6話のあらすじやネタバレ、感想についてまとめていきます!

 

白夜の診断により、日本初の狂犬病の患者を治す事に成功した高森総合病院ですが真壁がメディアでもてはやされていました。

 

それを見る高森麻里亜はじめCDTでしたが、解散は確定していると嘆く状況です。

実際には今回の活躍により解散を言い辛くなった真壁ですが次は内から壊すとJMAの目が光っています。

 

今回は、ドラマドクターホワイトの第6話のあらすじやネタバレだけでなく感想もまとめていきたいと思います!

 

ドラマ ドクターホワイトの見逃し配信は2種類あります!

まずはU-NEXTです。

初回登録後、31日間の無料トライアル期間があります。

U-NEXTの登録はコチラ通常バナー無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2022年3月19日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

またFODプレミアムでも見ることができます。

初回登録後、2週間の無料トライアル期間があります。

 

\FODプレミアムの登録はコチラ/

FODプレミアム

無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができます!
無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2022年3月19日時点のものです。
最新の配信状況はリンク先のFODオフィシャルサイトにてご確認ください。

 

ドラマの各放送の感想やあらすじネタバレ、キャストや視聴率などドラマ情報についても、まとめています。

⇒ドクターホワイトの全話感想やあらすじネタバレ、キャストや視聴率などのドラマ情報まとめについてはコチラ

他にもドクターホワイトについて記事をアップしています!

⇒ドクターホワイトの関連記事一覧はコチラ

 

 

ドクターホワイト第6話あらすじネタバレ

日本初の狂犬病の治療に成功した高森総合病院は注目されています。

真壁がメディアへの対応に追われるなか麻里亜の回想では、高森巌院長が兄の高森勇気と話す所を目撃した時の事でした。

勇気と話した直後、巌は倒れてしまいます。翌日病院で目が覚める巌は何とか大丈夫でしたが、麻里亜には何も語らずにいました。

 

またCDTでは夏樹は元同僚から外科に誘いを受けています。

そして白夜も藤島によりJMAから誘いを受けたと言いました。そしてCDTではこのメンバーが欠けない様に皆で話し合っています。

 

しかし西島が皆が抜け駆けしない様に張り切るなか、白夜は「JMAに誘われて、藤島さんの所に行く事にしました!」と笑顔で言います。仰天の一同でした。

 

 

倒れて階段を落ちたのに腹痛訴える

そして将貴は麻里亜と話し、巌と勇気の事を聞き巌のがんの事も聞きます。

その後、藤島の家に招かれる将貴と晴汝と白夜でしたがここに藤島の息子・まことがいました。

 

そして藤島は白夜をJMAへ移籍に誘います。しかしバックにミレニアム通信の海江田会長の後ろ盾をちらつかせる中、まことが倒れてしまいます。

まことを高森総合病院に運びましたが、脳震とうと診断するも苦しむ事となりました。

 

しかし抑えてるのはお腹です。ここに藤島の手により夏樹の元同僚含めJMAのメンバーがまことの治療にあたりました。

白夜が進言するも藤島は聞かず、そこに真壁が現れCDTを牽制する事になります。

 

 

真壁が仙道を外科部長にしようとする

CDTでは仙道が不穏な動きを見せていると言います。

それは真壁が仙道を外科部長に取り立てようとしているとの話のせいとの事でした。

 

そしてCDT内では今後の去就について次々と内輪揉めが始まります。

困っている麻里亜の元には淳平が救いの手を差し伸べました。淳平は麻里亜と将貴に勇気の話を聞こうとします。

 

しかしカギを握るのはあくまで白夜で彼女から話を聞かねばと言いますが、まずは勇気を信じる事だと言う話になりました。

 

 

てんとう虫

いつまでもまことを治す為の決め手が見つからないですが、白夜は心配するもJMAのメンツから締め出されます。

治らないまことを心配し落胆する藤島に声を掛ける晴汝は、お父さんに振り向いて欲しいまことの側にいてあげてくださいとお願いをしました。

 

一向に治らないまことを巡ってJMAたちはCDTメンバーを締め出そうとしますが、そんなの関係ないと白夜は言います。

まことの治療を巡って、自然とCDTメンバーが意見を出し合いました。

 

白夜が言うキーワードは「てんとう虫」。白夜はてんとう虫の画像を見せてもらうと閃きます。そこにはJMAの理解が必要だと言うと将貴も含め作戦を決行。

 

 

追いかけていたのは毒グモ

何と警備システムのある藤島家に突入する白夜達でした。

その後、夏樹と元同僚がまことの事を巡って揉めるなか白夜が到着します。

 

そこでもやはりキーワードはまことが追いかけていたてんとう虫。

しかしそれはてんとう虫ではなく良く似た毒グモのことでした。

 

何と藤島が好んで置いてるヨーロッパの家具に紛れ込んでいたとの事。

見事それはあたり、解毒にあたりますがまことの容体は悪くなるばかりです。

 

関東中央医大にある血清が必要でしたが次の職を考えて面接をするため、たまたま西島がそこにいました。

 

 

次の誕生日までは生きられない

西島の活躍でまことは見事正確に治療出来る事となりました。そして藤島は改めて息子との絆を取り戻します。

その後、真壁に誘われていた仙道は断りを入れに行きました。

他のメンツも移籍をやめCDTに戻る事となります。いがみ合っていた夏樹と西島は何とか収まりました。

 

そして藤島から礼を言われる白夜と将貴ですが、海江田会長には気を付けろと警告されます。

その後、将貴と晴汝と3人で食卓を囲む白夜は将貴の誕生日を祝いました。

 

また海江田に辞表を出す藤島ですが、温情を受け事なきを得ます。

そして夜空を見る白夜は将貴に「次の誕生日までは生きられない」と言いました。

 

 

ドクターホワイト第6話の感想

まだ白夜の感情のコントロールが上手くいかず、的外れな所で満面の笑みだったのが面白かったです。

他の人達とだいぶ同じ様な感覚になってきたかと思ってましが、あぁ本当にまだまだ純粋無垢なんだなぁと実感する瞬間でもありましたね。

 

そしてその反面、麻里亜のイライラが止まらず勇気の件やJMAと真壁への怒りが溜まってるのがすごく伝わりました。

あくまでただCDTを潰したいだけですし、そこに執着される事に腹を立てるのはまた当然でしょう。

 

 

患者の治療が最優先

依然まだまだCDTの存続は危ぶまれたままです。

何でこんなに潰したがってるのかと思うくらい、かなり逆風ですが何とか皆で頑張って欲しいですね。

 

今回はその解散を受けての一度集まったこのチームのいざこざでバラバラになりそうでしたがなんだかんだで最後は纏まりました。

そこにはやはり皆がただ、患者を治す事がなにより最優先だったからです。

 

色々リスクとか今後の身の振り方とか話しつつも、まずは患者をキチンと治療する事。そこに関しては皆真っ先に全力で動くから、やはりCDTはいいチームなんだと思います。

 

 

真壁の執拗さも気になる

もちろん白夜の活躍があってこそがあるとは思いますが、基本的にCDTのメンバーは方向性は一緒な気がしますね。

だからこのメンバーは集まるべくして集まったとも思います。

 

しかしまたまだ海江田や真壁の魔の手が伸びてきますので、これを乗り越えねばなりませんね。

何故ここまで執拗に吊るそうとするのか、その謎にも迫って頂きたいと思います。

 

 

ドクターホワイト第6話の見逃し配信

ドラマ ドクターホワイトの見逃し配信はU-NEXTで見ることができます!

初回登録後、31日間の無料トライアル期間があります。

U-NEXTの登録はコチラ通常バナー無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2022年3月19日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

またFODプレミアムでも見ることができます。

こちらは初回登録後、2週間の無料トライアル期間があります。

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】FODプレミアム無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

TVerでも視聴可能ですが、1週間限定で最新話のみの配信です。

 

 

ドクターホワイト第6話感想やあらすじネタバレ!白夜の余命は1年以内?のまとめ

JMAと真っ向勝負となったCDT。

しかしここで藤島の息子がピンチとなり、白夜はこれを救う事となりました。

 

この件で少しは良くなるかとも思いましたが、まだまだ真壁はやるつもり。

そして海江田は何を考えてるか分かりません。また、白夜が将貴に言った次の誕生日までは生きられないとは何なのか謎が謎を呼びます。

 

 

各放送の感想だけでなく、キャストなどドラマ情報をまとめています。

⇒ドクターホワイト全話感想やあらすじネタバレ!キャストや見逃し配信視聴率などのドラマ情報まとめ

他にもドクターホワイトについて記事をアップしています!

⇒ドクターホワイトの関連記事一覧はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました