映画の上映期間は平均どれくらい?いつまで公開か決め方や予想方法を調査

映画の上映期間は平均どれくらい?いつまで公開か決め方や予想方法を調査 映画

 

映画の上映期間は平均どれくらいなのか?

一般的には、いつまで公開するのかどうやって決めているのか?また、上映期間を予想くする方法があるのかを調査しました!

 

人気の映画や話題になっている映画はいつまで上映されるのか気になり、過去にも何度か検索したことがあります。

今回は、以下の3つについて調べました!

  • 映画の上映期間の平均
  • 映画の上映期間の決め方
  • 映画の上映期間の予想方法

 

 

映画の上映期間の平均

一般的な映画の上映期間の平均は約1か月(4週間)程度です。

作品によって上映期間が異なり、3週~6週(1か月半)程度上映されることが多いです。

 

実は映画の上映期間は公開前や公開時点ではヒットするか分からないため決まっていないことが多くあります。

なぜ上映期間が決まっていないかというと、上映期間の決める条件に影響するからです。

逆に言えば上映期間を決められないんですね。

 

ちなみに期間限定公開の作品は例外で、各種ホームページや映画館の上映スケジュールに公開前から記載されていることがあります。

 

 

映画の上映期間の決め方

映画の上映期間の決め方は映画館の上映作品編成部、映画の配給会社や映画館の支配人が以下の条件から決定していきます。

  • 公開初週の観客動員数
  • 地域性や映画館の客層
  • SNS などの話題性

 

理由は映画の需要を把握してより多く観客を動員するためであり、最終的には多くの興行収入を得るためです。

ひとつずつ解説していきます。

 

 

公開初週の観客動員数

映画の上映期間の決め方多くの観客を動員するためには観客の需要を把握する必要があります。

需要把握のひとつの目安となるのが公開初週の観客動員数です。

 

公開初週の観客動員数の多い映画は公開後の翌週も多くの観客動員数が期待できるため、上映期間を長くすればさらに興行収入は見込めますよね。

 

例えば、「劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編」でいえば、上映開始日の2020年10月16日~18日の3日間で観客動員342万人超えの歴史的大ヒットとなりました。

これにより上映期間を長くすれば、更に多くの観客動員数が期待でき、最終的な興行収入も見込めるという指標になるので延長に延長を重ねて上映されたと考えられます。

 

このように公開初週から高い需要があれば、上映期間も長くなる作品が多いです。

 

 

地域性や映画館の客層

映画の上映期間の決め方として、映画館の地域性や観客の客層にも影響します。

 

なぜなら客層にあっていない作品を長期間上映してもお客さんを集める見込みが少ないからです。

例えばシニア層が多い地域でキッズ向けの映画が上映されても来場の見込みは少ないですよね。

 

映画館によって地域性や客層が違うため、最寄りの映画館では上映が終了しても隣町の映画館ではまだ上映されているということもあり得ます。

 

 

SNSなどの話題性

作品の口コミや話題性も上映期間を決める重要な目安となります。

映画館側1つの映画館の来場者数だけで判断せず、SNSでの話題性から検討することもあります。

話題になる一例として

  • 海外で話題になった作品のリメイク
  • 有名な俳優や女優が出演している
  • 原作小説や漫画、ドラマの映画化作品
  • ○○賞を受賞した作品・・・などなどあります。

 

過去にはSNSでの盛り上がりがきっかけで、上映スケジュールが伸びた作品で有名なのは「カメラを止めるな!」や「桐島、部活やめるってよ」などが挙げられます。

最近では「14歳の栞」が予告編の話題になったことがきっかけで、上映エリアが全国20都市に拡大しています。

 

このようにSNSでの口コミやYouTubeの再生回数から、当初の上映期間や上映エリアの変更があるので決まっていないというよりも決められないという言い方が近いのかもしれません。

 

 

映画の上映期間の予想・確認方法

映画の上映期間の予想・確認方法について調べたところ、以下の方法で確認していくと予測することができます。

 

  • 映画館の公開スケジュールを検索する
  • 1日の上映回数を確認する
  • 上映されているスクリーンや席数を確認する
  • 最寄りの映画館に問い合わせをする

 

一番手っ取り早いのは、やはり4つ目のように直接映画館に問い合わせをすると確認がしやすいです。

ただ映画館の関係者では上映期間が分からないことがありますので、まずは1つ目~3つ目の方法で軽く調べて予想できることもあります。

 

 

映画館の公開スケジュールを検索する

まず最初にやっておきたいところです。

すでに上映期間が決まっている場合にはホームページに掲載されていることがあります。

 

前述の通り、映画館によって地域性や客層が違うと上映期間が異なることがあります。

実際に行く映画館の公開スケジュールを検索してみて確認してください。

 

 

1日の上映回数を確認する

映画館の公開スケジュールがネット上で書かれていない場合、上映期間がまだ決まっていない可能性があります。

 

その場合には予想するしかありません。

予想の方法として挙げられるのが1日の上映回数です。

 

1日の上映回数が複数回あるということは、まだ作品の需要があると考えられるのですぐに終了する可能性は低いです。

逆に上映回数が1日1回だと作品の自由が少ないと考えられますので、上映の終了が近づいている可能性がありますので、早めに劇場に向かうことをお勧めします。

 

 

上映されているスクリーンや席数を確認する

1日の上映回数だけでなく、上映されているホールのスクリーンや席数にも注目です。

 

上映されているホールのスクリーンが大きい場合、つまり上映されるホールの席数が多い場合には作品の需要があるため、一度の上映で多くの観客が座れるホールで上映されることが多いです。

 

作品の需要があるということは、上映開始から日数が経っていたとしても、人気がある作品なのですぐに上映終了となる可能性は少ないです。

 

 

最寄りの映画館に問い合わせをする

一番確実な方法ではありますが、結果的に「分からない」と言われる可能性があります。

 

映画作品は金曜日に公開されることが多く、木曜日に上映スケジュールを編成する映画館もあります。

金曜日に公開されるということは、木曜日までの上映だった作品と入れ替わりになることが多いので、金曜日に問い合わせをすると最新の情報が入っている可能性があります。

 

 

映画の上映期間は平均どれくらい?いつまで公開か決め方や予想方法を調査のまとめ

一般的な映画の上映期間は決められていないことがわかりました。

また上映期間の平均は、およそ一か月程度です。なるべく早めに見に行った方が良さそうですね。

 

映画の上映時間の決め方は、作品の需要に左右されます。

作品の需要が少ないと上映期間が短くなる可能性があります。逆に公開初週の観客動員数が多い場合やSNSなどで話題になっている作品については2~3か月、もしくはそれ以上の期間上映される作品もあります。

 

上映期間の予測方法は、まずは行きたい映画館の上映スケジュールを確認することをお勧めします。

すでに上映期間が決まっていたら上映スケジュールに記載があることがあります。

上映スケジュールに書かれていない場合には、1日の上映回数を確認したり上映されているホールの席数から予測することもできます。

 

1日1回しか上映されていなかったり、席数が少ない狭いホールで上映されている場合では上映終了が近づいている可能性があります。

映画
スポンサーリンク
tebasaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました