TOKYO MER第7話感想とネタバレ!空白の1年に関係するツバキ【東京MER】

TOKYOMER走る救急救命室第7話感想ネタバレドラマ

 

TOKYO MER(東京MER)〜走る緊急救命室〜第7話感想とネタバレやあらすじをお伝えします!

本記事はTOKYO MER第7話のネタバレを含んだ感想です。ご注意ください。

 

清掃会社で起きた集団食中毒だと思われた今回の出動。

実は外国人労働者が絡む事件として、すでに警察が動き出していました。

 

現場で治療を始めた喜多見の前に現れたのは公安の月島でした。

手を止めない喜多見に治療するなと容赦なく命令します。

 

それでも喜多見は治療を続けます。

 

そんな喜多見に向かって再び命令する月島は、喜多見のことを「喜多見幸太」と呼ぶのでした。

 

なぜ月島は喜多見の名前を知っていたのか?

喜多見の空白の1年とは、どんな関係があるのでしょうか⁉︎

 

そんなTOKYO MER第7話のネタバレ(あらすじ)と感想をお伝えします。

 

 

TOKYO MER第7話の見逃し配信はParavi(パラビ)で見れます!

登録後の無料体験期間は2週間あります!

 

\Paraviへ登録はコチラ

Paravi無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

Paravi(パラビ)とは動画配信サービスの1つで、国内ドラマやアニメ、バラエティなどが見放題のサービスです!

 

TOKYO MERの見逃し配信を見れるのはParavi、TVer、GYAO!、TBS FREEの4つがあります。

しかし、TVer、GYAO!、TBS FREEは最新話しか見れず1週間限定です。

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の過去の放送を見れるのはParaviのみです!

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

第1話から順に感想やネタバレについてまとめています♪

TOKYO MER~走る緊急救命室~全話感想とネタバレや視聴率まとめについてはコチラ

 

 

TOKYO MER第7話ネタバレ:清掃会社で食中毒?

喜多見が誰かに監視されていることを気にかける音羽。

白金厚生労働大臣たちに、もしかしたら喜多見の空白の1年と関係があるのではと話します。

 

清掃会社で4名が苦しんでいるとの出動要請を受けたTOKYO MER。

症状から食中毒の可能性が高いと思った喜多見。

 

症状があるのは4名で、夕方だったこともあり麻酔科医の冬木と2人だけでの出動を決めます。

そこへ当直で残っていた看護師のミンが加わり3人で現場に向かいます。

 

 

TOKYO MER第7話ネタバレ:違和感に包まれた現場

出動要請メールを見る音羽に、白金厚生労働大臣はすぐに現場へ向かえと指示をします。

天沼幹事長の秘書からの伝言から、単なる食中毒ではないことを察したのです。

 

すでに警察が現場に到着していることに、危機管理対策室室長である駒場も違和感を覚えます。

喜多見たちはまるで何かの事件の現場のようだと感じながら治療を始めます。

 

ですが指揮権は警察にあると、すぐに治療を止めるよう命令されるのでした。

命を救うのに指揮権なんて関係ないと治療を続ける喜多見。

 

そこに現れたのは公安の月島でした。

 

 

TOKYO MER第7話ネタバレ:仕組まれた爆破

月島は喜多見に向けて患者を渡すよう伝えます。

治療中だと断ると「決めるのは私だ、喜多見幸太」と言い放つのです。

 

その直後に大きな爆発が起きます。

 

爆発した場所を急ぎ確認する喜多見。

海外にいた時の経験から、爆発の原因は爆弾ではないかと対策室に伝えます。

 

実は爆破予告が届いていました。

しなし、爆破予告はイタズラだと決めつけていた天沼幹事長。

 

この爆発の後、犯人から先手を打った要求が届き頭を抱えます。

 

 

TOKYO MER第7話ネタバレ:隠れていた不法就労者

そんな天沼幹事長に白金厚生労働大臣は、現場にMERがいることを耳打ちします。

この事態の責任を赤塚都知事に転嫁しようと急ぎ官邸に呼びつけるのでした。

 

爆破現場では慌てて誰かを探す様子の外国人労働者の姿がありました。

その様子から音羽はまだ奥に人がいることに気づきます。

 

外国人労働者を必死に止める清掃会社の社長。

社長の慌てた様子から、何か隠していると喜多見や音羽は感じ取っていました。

 

実は外国人労働者たちは不法就労者だったのです。

 

不法就労者は他にも大量にいると開き直る社長を「だからといって正当化される理由にはならない」と一蹴する音羽でした。

 

 

TOKYO MER第7話ネタバレ:外国人労働者を搬送させない月島

その時、瀕死の外国人労働者を発見します。

すぐにオペが必要ですが、器具が足りずに喜多見は頭を悩ませます。

 

そんな時ERカーと共に、研修医の比奈と看護師の蔵前が到着するのでした。

 

全員の力を合わせたオペで一命を取り留めた患者。

ミンは急ぎ患者を病院に搬送して欲しいと頼みますが聞いてもらえません。

 

喜多見も月島に直談判しますが、今回の爆破をテロと判断していました。

外国人労働者とテロ組織LP9の繋がりを疑う月島は聞く耳を持ちません。

そこへ官邸から連絡が入ります。

 

なんとMERに救出を許可するようにというものでした。

 

お前たちだけでの救出は無理だと皮肉を言う月島でしたが、次の瞬間目を丸くします。

現場に駆けつけるたくさんの救急隊を、目の当たりにしたからです。

 

指揮権はMERに移り、一斉に救出へと動き出すのでした。

 

 

TOKYO MER第7話感想

不法就労者である外国人労働者を前に、日本人しか助けないと断言する公安の月島。

そんな月島の言葉は本当に悲しかったです。

 

人の命には変わりないのに…。

 

確かにテロから日本国民を守ることは大事です。

でもそのために見捨てる命があっていいとは思いません。

 

いくら頼んでも命令だからと助けようとしない警察官にも腹が立ちました。

そんな警察官たちに向けた看護師のミンの言葉に胸が熱くなりました。

 

今回の現場は、ベトナム人であるミンにとって特に辛い現場だったと思います。

それでも何度も何度も頭を下げて、患者を救うために尽力する姿がとてもカッコよかったです。

 

ますますミンのことが好きになりました。

どれだけ窮地に追い込まれていても、TOKYO MERを信じ続ける赤塚都知事。

そんな赤塚都知事の決断もまたカッコよかったです。

 

同じ政治家なのに天沼幹事長とは大違いでしたね。

15人全員救出されてよかったとほっとしたのも束の間。

TSUBAKI(ツバキ)から届いたメールを見る、喜多見の表情がとても気になりました。

 

なぜ喜多見が公安に見張られているのか。

きっとその理由はTSUBAKIを通して見えてくるのでしょうね。

 

音羽が喜多見の名前を知ってた公安の月島を調べていたのも気になりました。

 

そのことが喜多見の空白の1年に繋がるとしたら、それを知った音羽がこれからどう動くのかにも注目です。

 

そして白金厚生労働大臣が医系技官だったという過去。

この過去が今後の展開のどこかに繋がるのではと、密かに期待しています。

 

 

TOKYO MER第7話見逃し配信

TOKYO MERをもう一度見たい場合はParaviで見れます!!

 

\Paraviの登録はコチラ

Paravi

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

しかも、登録後から2週間の無料体験できる期間があります・・!!

無料期間(2週間)中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

大きな力が動いている第7話!

喜多見の過去にも近づいている予告動画をもう一度!

 

最後まで見ていただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました