TOKYO MER第6話感想とネタバレ!頼れる副チーフ【東京MER】

TOKYOMER走る救急救命室第6話感想ネタバレドラマ

 

TOKYO MER(東京MER)〜走る緊急救命室〜第6話感想とネタバレやあらすじをお伝えします!

本記事はTOKYO MER第6話のネタバレを含んだ感想です。ご注意ください。

 

18人の小学生が山の中で突如姿を消し、謎の失踪事件の発生にTOKYO MERに出動要請が出されます。

 

現場に向かう喜多見たちは捜索範囲の広さに愕然とするのでした。

喜多見はすぐに治療が出来るよう、分散して動くことを決断します。

 

白金厚生労働大臣の思うツボになってしまう喜多見の決断に不安を抱える音羽でしたが…。

 

一体、なぜ子どもたちはバラバラに失踪したのか?

果たしてTOKYO MERは、そんな子どもたち18人全員を無事に助けることが出来るのでしょうか!?

 

そんなTOKYO MER第6話のネタバレ(あらすじ)と感想をお伝えします。

 

 

TOKYO MER第6話の見逃し配信はParavi(パラビ)で見れます!

登録後の無料体験期間は2週間あります!

 

\Paraviへ登録はコチラ

Paravi無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

Paravi(パラビ)とは動画配信サービスの1つで、国内ドラマやアニメ、バラエティなどが見放題のサービスです!

 

TOKYO MERの見逃し配信を見れるのはParavi、TVer、GYAO!、TBS FREEの4つがあります。

しかし、TVer、GYAO!、TBS FREEは最新話しか見れず1週間限定です。

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の過去の放送を見れるのはParaviのみです!

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

第1話から順に感想やネタバレについてまとめています♪

TOKYO MER~走る緊急救命室~全話感想とネタバレや視聴率まとめについてはコチラ

 

 

TOKYO MER第6話ネタバレ:TOKYO MERはヒーロー?

厚生労働省大臣の白金は苦い表情です。

それはTOKYO MERの活躍が記された資料のせいでした。

 

世間ではヒーローになりつつあるTOKYO MER。

そんな活躍が面白くない白金は、軸である喜多見とみんなをバラバラにするよう音羽に指示をします。

 

 

TOKYO MER第6話ネタバレ:MERは喜多見の存在が要?

その頃、涼香は助けてもらったお礼にと手作りのお菓子をTOKYO MERに届けるのでした。

お菓子を食べながら冬木先生の息子の話題で盛り上がります。

 

盛り上がっているところへやってきた音羽にも、お詫びとお礼だとお菓子を渡します。

TOKYO MERの活躍を喜ぶ涼香に、音羽は喜多見がいなければ存続は厳しいと話します。

 

しかし、兄以外にも凄いメンバーが揃っているから大丈夫だと、涼香は笑顔で答えるのでした。

そんな時、TOKYO MERに出動要請が入ります。

 

 

TOKYO MER第6話ネタバレ:小学生が山中で失踪

小学生18人が突如、山中で失踪したというものでした。

現場に向かう喜多見たちは捜索範囲を確認しますが、そのあまりの広さに愕然とします。

 

喜多見はすぐに治療が出来るよう分散する決断をします。

喜多見の決断に反対する音羽でしたが、喜多見の決断は揺るぎません。

 

3つに分かれて捜索を始めたTOKYO MER。

意識混濁の児童の元へ駆けつけた比奈たちは、現場でのオペを判断します。

 

 

TOKYO MER第6話ネタバレ:失踪の原因

安定させてほっとしたのもつかの間。喜多見たちの捜索範囲には11人の児童が倒れていました。

次々に点滴などの処置をします。

 

重篤な児童を見つけますが、点滴の在庫はもうありません。

喜多見にしても絶体絶命の状況。

 

するとそこにドローンが近づいてきました。

それは喜多見の元へ予備の点滴を届けるために徳丸が飛ばしたドローンでした。

 

徳丸の機転に救われた喜多見は、子どもたちがスズメバチに襲われたことを確信します。

 

 

TOKYO MER第6話ネタバレ:思わずついた嘘

冬木は本部からの行方不明者のリストに顔が強ばるのでした。

なんと残り5名の中に冬木の息子の名前があったのです。

 

実は家庭が上手くいっておらず、1年程前から息子とは離れて暮らしていた冬木。

TOKYO MERで働くことを喜ぶ息子に、思わず副チーフだと嘘をついてしまいます。

 

そのことを喜多見に謝りながらも、冬木は必死に壮太を探します。

倒れている壮太を見つけた冬木は、自分より友達のことを心配する壮太を誇りに思うのでした。

 

友達思いの壮太役は誰なのか調べました!

⇒冬木先生の息子役は誰?冬木壮太役を調査した記事はコチラ!

 

 

TOKYO MER第6話ネタバレ:万事休す!?

壮太を運ぼうとしますが、スズメバチに刺され倒れてしまう冬木。

意識を失いかけたその時喜多見が現れるのでした。

 

急ぎMERカーへ壮太を運び、1人で処置を始めようとした喜多見の元へ冬木が駆けつけます。

駒場は2人では無謀だと止めますが、赤塚は喜多見に任せることを決めます。

 

厳しい状況に追い込まれた喜多見、1人ではどうにもなりません。

息子の名前を呼び祈るしかない冬木。

 

そこへ駆けつけたMERメンバー。

危なかった壮太の命はMERメンバーみんなの手によって救われるのでした。

 

 

TOKYO MER第6話感想

今回のTOKYO MERメンバーのそれぞれ活躍を見て本当に嬉しくなりました。

喜多見の存在感は絶対的ですが、その他のMERのメンバーもまた絶対的な存在だと心から感じたからです。

 

決して喜多見のようにはなれないけれど、自分に出来ることを全力でやっている姿が素敵でした。

喜ぶ息子に思わず嘘をついた冬木でしたが、MERのみんなにとってはすでに立派な副チーフでしたね。

壮太くんを助けた後、喜多見が冬木に日頃の感謝を伝えて「副チーフ」と呼ぶシーンにはじーんとしちゃいました。

 

父親のことを誇りに思う壮太くんが、自分のことよりも友達のことを心配する姿を見て、冬木の背中をしっかり見ていたんだなと嬉しくなりました。

喜多見がいなければみんな何も出来ないと思っていた音羽が、涼香の言葉を素直に認めるシーンもよかったです。

 

手作りのお菓子をちゃんと食べてくれてたところも嬉しかったですし、フィナンシェが入っていた箱の中のあの付箋には完全にやられました。

音羽が涼香と接していることを、音羽の上司である久我山は喜多見の空白の1年を聞き出すためだと思っているようですが、私はきっとそうじゃないと信じています♪

 

第6話の後半には気になることがいっぱいありました。

大臣の白金が言った「楽しいでしょうね、純粋に人を救う仕事は」と言うセリフの意味もその一つです。

 

赤塚都知事の胸を押さえて苦しそうにするシーンや、喜多見を見張っている黒塗りの車は誰の指図なのかなどなど。

第7話の予告を含めて、これからの展開がかなり気になります!

 

 

TOKYO MER第6話見逃し配信

TOKYO MERをもう一度見たい場合はParaviで見れます!!

 

\Paraviの登録はコチラ

Paravi

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

しかも、登録後から2週間の無料体験できる期間があります・・!!

無料期間(2週間)中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました