TOKYO MER第5話感想とネタバレ!官僚の未来か医師の使命か【東京MER】

TOKYOMER走る救急救命室第5話感想ネタバレ ドラマ

 

TOKYO MER(東京MER)〜走る緊急救命室〜第5話感想とネタバレやあらすじをお伝えします!

本記事はTOKYO MER第5話のネタバレを含んだ感想です。ご注意ください。

 

入院している子どもたちや、その家族をサポートするNPO法人で働く涼香。

今日は、兄の喜多見のいる東京海浜病院で、子どもたちに手話で紙芝居を見せてあげているのでした。

 

そんな時、体調が悪そうな妊婦を見つけた涼香は、すぐに優しく声を掛けお腹の赤ちゃんの為にと、車イス差し出しエレベーターで病室まで送ろうとします。

涼香が乗ろうとしたエレベーターには音羽と大物政治家の天沼夕源(桂文珍さん)の姿があり、音羽に混み合っていると断られます。

 

スペースは十分にあるとエレベーターに乗り込む涼香でしたが、その直後にエレベーターは緊急停止してしまいます。

 

4人は無事にエレベーターから救出されるのでしょうか⁉︎

そんなTOKYO MER第5話のネタバレ(あらすじ)と感想をお伝えします。

 

 

TOKYO MER第5話の見逃し配信はParavi(パラビ)で見れます!

登録後の無料体験期間は2週間あります!

 

\Paraviへ登録はコチラ

Paravi無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

Paravi(パラビ)とは動画配信サービスの1つで、国内ドラマやアニメ、バラエティなどが見放題のサービスです!

 

TOKYO MERの見逃し配信を見れるのはParavi、TVer、GYAO!、TBS FREEの4つがあります。

しかし、TVer、GYAO!、TBS FREEは最新話しか見れず1週間限定です。

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の過去の放送を見れるのはParaviのみです!

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

第1話から順に感想やネタバレについてまとめています♪

TOKYO MER~走る緊急救命室~全話感想とネタバレや視聴率まとめについてはコチラ

 

 

TOKYO MER第5話ネタバレ:大物政治家

4歳の少女の心臓マッサージを必死にやる喜多見たちの姿、なぜかストップウォッチを構えている徳丸…。

そう少女は人形で、それは本番さながらに訓練をしているTOKYO MERのみんなの姿でした。

 

目標タイムまではまだ程遠い中、音羽が協力してくれたら目標に近づけると言う比奈でしたが、官僚である自分にはそれよりもやるべき仕事があるとあっさりと断るのでした。

 

そんな音羽が向かった先は、大物政治家の天沼夕源(桂文珍さん)の病室でした。

 

 

TOKYO MER第5話ネタバレ:TOKYO MER解体を狙う

大した病気でもない天沼は、雲隠れのためとTOKYO MERの視察を兼ねて入院しているのでした。

厚生労働大臣の白金が、TOKYO MERを解体したがっているのは、赤塚都知事の存在を面白くないと思っている天沼の圧力からなのでした。

 

そんな天沼にTOKYO MERの解体を約束する音羽は、天沼に言われTOKYO MERを見せる為にエレベーターに乗るのでした。

 

そこへ体調を崩して苦しそうな妊婦を車イスに乗せた涼香がやってきます。

エレベーターに乗ろうとする涼香に対し、天沼に気を遣い混み合っていると断る音羽でしたが、少しでも早く妊婦を病室で休ませたい涼香は、強引にそのエレベーターに乗るのでした。

 

 

TOKYO MER第5話ネタバレ:突然の緊急停止

その直後、エレベーターは緊急停止し4人は閉じ込められてしまうのでした。

怒鳴る天沼に対応しながらも音羽は、妊婦の体調をさりげなく気にかけます。

 

エレベーターのメンテナンス会社の到着を待ちながらも、TOKYO MERの出動を要請することを天沼に告げる音羽の上手い提案に、これで一気に潰せるチャンスだと天沼は快諾するのでした。

 

TOKYO MERの出動要請が出たことで、同時に出動要請を受けたレスキュー隊の千住たちも到着します。

たかがエレベーターの故障なのに、重病でもない天沼のための出動が要請されたと感じている現場には、いつものような緊張感はなく、半ば呆れた空気が流れるのでした。

 

 

TOKYO MER第5話ネタバレ:火災が発生し煙が充満

そんな時、突然エレベーターから煙が…。

音羽は必死に隙間を埋めるながら、皆んなになるべく低い姿勢になるように伝えます。

 

エレベーターの管理室で発生した火災による煙だとわかり、千住たちは急ぎ消火活動を始めます。

 

煙が充満していくエレベーターの状況を見て、このままでは4人が一酸化炭素中毒になると感じた千住と喜多見は、まずは酸素マスクを届けることを決めます。

 

 

TOKYO MER第5話ネタバレ:官僚の未来か医師の使命か

なんとか5階のメンテナンス扉から1階に向かい、酸素マスクを届ける千住に、とにかく早く自分を救出しろと天沼はエレベーターの中で飛び跳ねます。

そのショックで火災で損傷したワイヤーが切れ、エレベーターは大きく揺れます。

 

これ以上不可がかかれば10メートル下に墜落してしまうかもしれない状況でした。

そんな中で妊婦は破水してしまいます。

 

今の状態からお腹の中の赤ちゃんを救える時間は10分以内とわずか。

音羽はエレベーターの中で帝王切開をする決断を迫られるのでした。

 

 

TOKYO MER第5話感想

あらためて政治家の身勝手さを痛感する第5話でした。

そんな政治家の圧力に屈する音羽の姿は正直見たくなかったです。

 

でも、助けた妊婦さんと赤ちゃんの前で、なぜ自分が医師でありながら医系技官をやっているのか、その理由を話す音羽の姿に胸が熱くなりました。

そんな音羽の心からの想いを、病室の外でこっそり聞く涼香の表情がまたよかったです。

 

千晶から音羽には気をつけるようにと釘を刺されていた涼香でしたが、もしかしたらもしかして、これから音羽との距離がぐっと縮まるのではないかと、密かに期待している私です。

 

ずっと天沼の言葉に振り回される音羽が、「人の命より大切なものはない」と自分の将来を捨ててでも手術をすると決めたシーンは本当にカッコよかったです。

そして、そんな音羽のことを120%で信じている喜多見の姿もまた素敵でした。

 

音羽の将来が閉ざされてしまったと思っていたところの、あの赤塚都知事の記者会見が素晴らしかったです。

 

どこまでも現場のことを理解して、人の命を救うために、身を削っても尽力する赤塚都知事の姿を見て、冒頭では政治家なんて口先ばかりだという気持ちでいっぱいでしたが、そんな人ばかりではないと思えて、なんだか晴れやかな気持ちになりました。

 

忙しい中でもこっそりと自分の医師としての腕を磨く音羽の努力に感動しました。

そんな音羽を温かく見守る喜多見と音羽の関係が、ますます深まるのではないかと、とても楽しみになりました。

 

 

TOKYO MER第5話見逃し配信

TOKYO MERをもう一度見たい場合はParaviで見れます!!

 

\Paraviの登録はコチラ

Paravi

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

しかも、登録後から2週間の無料体験できる期間があります・・!!

無料期間(2週間)中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました