TOKYO MER第1話感想とネタバレ!走る緊急救命室が始動【東京MER】

TOKYOMER走る救急救命室第1話感想ネタバレドラマ

 

TOKYO MER(東京MER)〜走る緊急救命室〜第1話感想とネタバレやあらすじをお伝えします!

本記事はTOKYO MER第1話のネタバレを含んだ感想です。ご注意ください。

 

都知事・赤塚梓により、救急救命チーム「TOKYO MER」を立ち上げるプロジェクトが開始されます。

お披露目の式典が執り行われている最中に、トラックとバスの衝突事故が発生し、TOKYO MERのメンバーは式典の会場から現場へと急行します。

 

チーフドクター・喜多見幸太はケガ人が多い現場でも冷静に判断し、的確に指示を出していくのでした。

 

スピード感があり、初回からグッと引き込まれたTOKYO MER第1話のネタバレ(あらすじ)と感想をお伝えします。

 

 

TOKYO MER第1話の見逃し配信はParavi(パラビ)で見れます!

登録後の無料体験期間は2週間あります!

 

\Paraviへ登録はコチラ

Paravi無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

Paravi(パラビ)とは動画配信サービスの1つで、国内ドラマやアニメ、バラエティなどが見放題のサービスです!

 

TOKYO MERの見逃し配信を見れるのはParavi、TVer、GYAO!、TBS FREEの4つがあります。

しかし、TVer、GYAO!、TBS FREEは最新話しか見れず1週間限定です。

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の過去の放送を見れるのはParaviのみです!

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

第1話から順に感想やネタバレについてまとめています♪

TOKYO MER~走る緊急救命室~全話感想とネタバレや視聴率まとめについてはコチラ

 

TOKYO MER第1話ネタバレ

東京都では、初の試みとも言える救急救命チーム「TOKYO MER」を立ち上げるプロジェクトが都知事・赤塚梓(石田ゆり子さん)の手で行われます。

事故や災害など現場に駆けつけて患者の命を救うことを目的にTOKYO MERは発足しました。

 

ドクター、ナース、麻酔科医と臨床工学技士、そして手術室を兼ね備えた特殊車両で構成されるTOKYO MER。

発足式典では、立派な緊急救急車両としてその全貌が公開されメンバーも各所から厳選される事に。

その中で1人遅れて来た男性こそが、このチームの取りまとめ役となるチーフドクター・喜多見幸太(鈴木亮平さん)でした。

 

TOKYO MERのお披露目の式典が執り行われている最中に、トラックとバスの衝突事故が起き、TOKYO MERのみんなは式典の会場から現場へと向かうのでした。

 

現場には多数のケガ人があふれていましたが、チーフドクターの喜多見は冷静かつ的確に処置をしながら、周りのスタッフたちにも指示を飛ばすのでした。

 

アメリカから来た喜多見の素性を誰も知らず、その腕前に注目してましたがその大胆な行動力・適切な判断力・医療技術に驚くと共に一同は納得する事になります。

常識では考えられないような状況で、危険な処置を次々に行う喜多見を見て、研修医としてTOKYO MERに配属された弦巻比奈はだだ唖然とするのでした。

 

瀕死の状態だった妊婦は喜多見の処置のおかげで一命を取り留めます。

その時、トラックの運転手がまだバスの間に挟まれたままで危険な状況だという情報が喜多見たちの耳に入ります。

 

妊婦の処置を弦巻比奈(中条あやみさん)にまかせ喜多見はドライバーの元へと向かいます。

かなり危険な状況ですぐにでも運んで処置をしないといけませんが、「挟まれたドライバーを救出するのに30分はかかる」とレスキューに言われます。

 

時間がかかりすぎると判断した喜多見は救出作業と平行して、その場で手術をする決断をします。

救出作業をしながら手術するなんて聞いた比奈は、あり得ないと戸惑いますが着々と手術していく喜多見。

 

そして、この事故の原因がトラックの運転手の居眠りだったと聞いた比奈は、瀕死の運転手よりバスの乗客の手当てを優先すべきだと喜多見に訴えます。

それでも喜多見の決断は揺るぐことなく、現場で手術を始めるのでした。

 

危険な状況での手術でしたが、無事に「死者ゼロ名」で初出動を終えた、TOKYO MER。

 

このプロジェクトに懐疑的な比奈はまだ納得して業務にあたっておらず、MERに最後に現れた厚生労働省の所属でありながら、もう1人のドクターである音羽尚(賀来賢人さん)から喜多見を潰す様協力を持ちかけられます。

 

ある日、この組織の事について厚生労働省から懸念される声が集まり、関係各所は呼び出され緊急会議をする事に。

 

しかし、とある場所でまた救急の要請があり、喜多見は現場を優先し会議を欠席。

会議には喜多見と徳丸元一(佐野勇斗さん)以外のメンバーと比奈も行き喜多見を貶める発言を音羽から迫られます。

 

しかし、赤塚知事から喜多見のアメリカからわざわざMERに来た動機や、この仕事への想いを知った比奈はコメントを求められても何も言えず。

そうした中、喜多見が出動した現場で爆発が発生した映像が映し出され瓦礫の下から喜多見の姿が。

 

ピンチになった喜多見の元にMERのメンバーが駆けつけ諦めかけた心をまた引き戻してくれました。

その中にはひたすらに命と向き合う音羽の姿も。かくして改めてMERは動き出す事に。

 

 

TOKYO MER第1話感想

今まで何でこんな組織が無かったんだろうと言うくらいいいものができたなと思います。

赤塚都知事はそういう意味ではとても優秀で行動力のある人物かなと思いますし、こんな人が知事だったらいいなと思わせてくれます。

 

鈴木亮平さんが演じるチーフドクターである喜多見幸太の、絶対に助けるという強い信念がひしひしと伝わってきて、第1話の開始直後からぐっと引き込まれてしまいました。

どんなに厳しい状況でも決して諦めない喜多見と、望まずにTOKYO MERに配属された弦巻比奈のギャップが上手く描かれていて見入ってしまいますね。

 

現場であり得ないことばかりやってのける喜多見を見て、あらためてなんでTOKYO MERなんかに配属されたのかと嘆きながらも、喜多見の腕の凄さを素直に認める比奈。

これからどんなふうに変わっていくのかを考えると、とても楽しみなりました。

 

なぜ赤塚梓が喜多見をチーフドクターにしたのかは、あの判断力や技術を見てわかりましたが、お母さんのこと以外の喜多見の過去が気になりました。

これから1人1人にスポットが当たっていくのだと思いますが、医療に従事するまでに何があったのかその過去も紐解きながら放送して欲しいと思います!

 

そんな喜多見に反感を抱きながらも、喜多見のサポートをする音羽の存在もまたワクワクさせてくれました。

都知事の赤塚と対立する厚生労働大臣の白金眞理子の政治的なぶつかり合いと、命を救う現場に挟まれる音羽が良い人なのか、それとも悪人なのかが気になりますね。

 

かなりハードルが高い「死者ゼロ」を目標としたTOKYO MERの存続は可能なのか、喜多見と音羽がいつか固い握手を交わす日はやってくるのか楽しみです。

喜多見と赤塚都知事は昔から付き合いがある様子で、まだ何かを隠してる様子があるのでそれを早く知りたいとソワソワしますね。

 

あの人柄を見るに決して悪意のあるものではなく、仕方のない何かが過去に発生してしまったのかなと推測します。

 

MERというプロジェクトの問題点としては、恐らくあれだけの緊急救命車両を用意するのに莫大な費用がかかる事と広い東京都で様々な事故が頻発して手に負えなくなる事を懸念されていくのではないでしょうか。

またあれだけの医療技術を持ったメンバーのチームを揃えるのも、同じレベルで沢山の人数を用意するのは難しい事も考えられます。

 

つまり量産化するのは非常に難しく限られた設備と限られた人材でしかカバーできず、広い東京都での存在意義が問われる事かなと想像します。

 

喜多見や音羽だけではなく。ガス爆発の現場で緊急で総合病院を作る指示を出した駒場と、現場で喜多見と対立しながらも違う立場から必死に動く即応対処部隊隊長の千住にもプロフェッショナルを感じられたところもよかったです。

これからの彼らの活躍によって幾人もの人々が、多くの事故や災害から救われる事になるでしょう。

 

 

TOKYO MER第1話見逃し配信

TOKYO MERをもう一度見たい場合はParaviで見れます!!

 

\Paraviの登録はコチラ

Paravi

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

しかも、登録後から2週間の無料体験できる期間があります・・!!

無料期間(2週間)中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

⇒Paraviの月額料金や登録方法について知りたい方はコチラ

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました