TOKYO MERキャストのミン役フォンチーは誰?ベトナム人看護師の女優を調査!

TOKYOMER走る救急救命室キャストミンフォンチーベトナム人看護師女優誰ドラマ

 

TOKYO MERキャストのミン役は誰なのか?ベトナム人看護師の女優を調査しました!

 

ドラマではベトナム人役ですが、本物のベトナム人であるフォンチーさんであることが分かりました。

 

TBSドラマ「TOKYO MER 〜走る救急救命室〜」の出演で話題のフォンチーさん。

笑顔がとってもチャーミングで魅力的ですね♪

 

ベトナム出身の努力家の看護師ホアン・ラン・ミンを熱演されています。

役どころと同じベトナム人でのフォンチーさん。

 

劇中では少し訛りのある日本語が印象的で可愛いですよね。

日本で生まれ育ったフォンチーさん、実際は日本語ペラペラなんだそうです。

 

ミンという役どころから溢れ出るフォンチーさんの魅力に注目です。

今回はTOKYO MERに登場する看護師ホアン・ラン・ミン役が誰なのか?

プロフィールや過去の出演作品について、調査しました。

 

 

TOKYO MERの見逃し配信はParavi(パラビ)で見れます!

登録後の無料体験期間は2週間あります!

 

\Paraviへ登録はコチラ

Paravi無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

Paravi(パラビ)とは動画配信サービスの1つで、国内ドラマやアニメ、バラエティなどが見放題のサービスです!

 

TOKYO MERの見逃し配信を見れるのはParavi、TVer、GYAO!、TBS FREEの4つがあります。

しかし、TVer、GYAO!、TBS FREEは最新話しか見れず1週間限定です。

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の過去の放送を見れるのはParaviのみです!

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

第1話から順に感想やネタバレについてまとめています♪

TOKYO MER~走る緊急救命室~全話感想とネタバレや視聴率まとめについてはコチラ

 

 

TOKYO MERキャストのミン役フォンチーの役どころは?

母国のためにより高度な看護技術を学びたいと、経済連携協定(EPA)で日本にやってきたベトナム出身のホアン・ラン・ミン 。

東京海浜病院の外科病棟とTOKYO MERを兼務しています。

 

特にTOKYO MERでは蔵前夏梅と共に、喜多見たち医師を支える大切な存在の看護師です。

 

日本のアニメや漫画が大好きな28歳。

とても努力家であり勉強家であるミンは、来日からまだ数年ですが驚くほど日本語が堪能です。

 

みんなとの何気ない会話の中で、ことわざや古事成語をよく口にして周りを感心させます。

まだ不慣れな研修医の比奈を気にかける、そんな心優しい一面も持っています。

 

技術はもちろん、喜多見の人柄を尊敬しているミン。

いつか自分も喜多見のように、母国の人たちを救いたいという夢を持っています。

 

 

TOKYO MERキャストのミン役フォンチーのプロフィールは?

  • 本名:トゥ・ゴック・フォンチー
  • ニックネーム:チー、ちーたん
  • 生年月日:1990年12月16日
  • 年齢:30歳(2021年8月時点)
  • 出身地:神奈川県平塚市
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
  • 芸能界デビュー:2005年
  • 身長:163cm
  • 血液型:O型

 

2005年「SMAティーンズオーディション」で準グランプリに輝き、主催だったソニー・ミュージックアーティスツに所属します。

翌年にはフジテレビのアイドル発掘・育成番組「アイドリング!!!」から生まれた9人組アイドルユニットの初期メンバーに大抜擢。

 

「アイドリング!!!」第1期生の8号として、明るい性格でグループを牽引しますが2011年に卒業。

それからソロ活動を経て2014年、ガールズバンド「Vacancy Control」を結成します。

2017年3月活動休止からは、女優・タレントとして数多くのドラマや舞台で活躍中です。

 

生粋のベトナム人のフォンチーさんですが、日本生まれの日本育ちなので日本語はペラペラなんです!

どおりで日本語が上手いはずです。

 

ご両親がベトナム人ということもあり、ベトナム語も堪能です。

TOKYO MERで演じている役どころにもそんなバイリンガルが活きていますよね。

 

2020年6月に開設されたYouTubeチャンネル「フォンチーちゃんねる」には、フォンチーさんらしさが満載です。

当初は特技でもあるベトナム語講座がメインの配信でしたが、ベトナム愛が溢れるフォンチーさん。

 

よりベトナムの良さをみんなに伝えたいと、最近リニューアルをされました。

フォンチーさんが好きな方はもちろん、ベトナムが好きな方も必見です。

 

毎年代々木公園で開催の「ベトナムフェスティバル」では、2010年からフォンチーさんが宣伝部長・総合司会を務めています。

多様性を求められる今だから、フォンチーさんのますますの活躍に期待です。

 

 

TOKYO MERキャストのミン役フォンチーの過去の出演作品は?

【ドラマ】

  • 月9ドラマ『絶対零度 〜未然犯罪潜入捜査〜』Final Case:グエン・チー・リン 役
  • MIU404 (第5話):チャン・スァン・マイ 役
  • ワカコ酒スペシャル 飛騨酒蔵めぐり:グエン・ティ・クィン 役
  • ひきこもり先生 (第3・第4話):ビック 役
  • 日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』:ホアン・ラン・ミン 役

 

【映画】

  • 00(ゼロゼロ):ユキ先輩 役 (特別出演)
  • 怨霊映像 特別篇 怪奇女子会

 

【CM】

  • サッポロビール「バリキング」CM
  • クボタ「For Your Wishes.」篇 TVCM

 

TOKYO MERのミンちゃんの可愛い訛りを聞いて、すぐにクボタのCM 「For Your Wishes.」篇が浮かびました!

 

フォンチーさんが演じるのはベトナムから来た頑張り屋のホアン。

水を綺麗にすることに愚直なまでに邁進する姿。

 

そこには昔みたいに綺麗な川を故郷のおじいちゃん見せたいというホアンの夢があったのです。

本当に素敵なCMですよね。

60秒という限られた時間の中に、フォンチーさんがホアンにかけた情熱が溢れていました。

 

そんなフォンチーさんの魅力を、ドラマだともっと感じることが出来るから嬉しいですよね。

TOKYO MERもそうなんですが、どれもフォンチーさんだから演じられる役どころだと感じます。

 

正確に言うとフォンチーさんにしか演じられない役どころばかりだと思います。

自他ともに認めるハマり役だと思える作品に、これからもたくさん出会って欲しいです。

 

 

TOKYO MERキャストのミン役フォンチーは誰?ベトナム人看護師の女優を調査のまとめ

TOKYO MERで看護師ホアン・ラン・ミンを好演しているフォンチーさん。

ベトナム人であるフォンチーさんだからこそ醸し出せる魅力が詰まった役どころだと思います。

 

その魅力にやられているのは、きっと私だけではないはずです。

日本で生まれ育ったことで、子どもの頃は「ベトナム人である大変さ」を感じることも多かったとか。

 

でも芸能界に入ったことで、それがプラスになったと感じたそうです。

自身の特性を生かした役どころを演じているフォンチーさん。

 

ベトナム人であるフォンチーさんだからこその強みだと思います。

「芸能界で夢を追いかけながら、いつか日本とベトナムの架け橋になりたい」とフォンチーさんは語ります。

 

今回のTOKYO MERで演じているミンと重なるものがありますよね。

これからのストーリーでのミンの活躍が、ますます楽しみです♪

 

 

TOKYO MERの見逃し配信

TOKYO MERをもう一度見たい場合はParaviで見れます!!

 

\Paraviの登録はコチラ

Paravi

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

しかも、登録後から2週間の無料体験できる期間があります・・!!

無料期間(2週間)中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

⇒TOKYO MERを1話から最新話まで無料視聴する方法はコチラ

 

最後まで見ていただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました