線は僕を描く(せんぼく)いつまで公開されている?映画の上映期間を予想!

線は僕を描く(せんぼく)いつまで公開されている?映画の上映期間を予想! 映画

映画 線は僕を描く(せんぼく) は、いつまで公開されているのでしょうか?

上映期間がいつまでなのか、いろいろ調べて、予想してみました。

 

大ヒット作が落ち着いてきて、映画館も行きやすくなってきました。

SNSの口コミを見て気になっている人もいるのではないでしょうか。

 

見逃すことのないように、「線は、僕を描く」の上映期間をいつまでなのかみていきましょう。

この記事でわかること

  • 線は僕を描く はいつまで公開されている?
  • 過去の類似作品はどうだった?

 

見たい映画の上映が終了してしまった場合には、22万本以上配信しているU-NEXTで配信されている可能性があります。

登録後の無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

原作の小説も配信されています。

U-NEXTの登録はコチラ通常バナー

今すぐU-NEXTへ登録する

※本ページの情報は2022年11月2日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

線は僕を描く はいつまで公開されている?

 

「線は、僕を描く」の上映期間は決まっていません。

一般的には、1か月から1カ月半の上映期間となる作品が多いです。

今のところ、「線は、僕を描く」も、同じように1か月から1カ月半ぐらいかと思います。

 

「線は、僕を描く」の公開は、2022年10月21日なので2022年11月後半~12月初め頃になりそうです。

翌週以降の上映回数やスクリーンの大きさは、1週目の興行収入によると言われています。

 

上映回数が多く、大きなスクリーンで上映されると、ますます人が入るようになって、上映期間が延びることにつながります。

長く上映期間が続くように、興行収入を上げるため、ムビチケ(前売券)を買っていても、最初は定価で観るというファンもいるほどです。

 

1週目、「線は、僕を描く」の週末動員ランキングは5位でした。

10月21日から3日間の興行収入は約9760万、観客動員数は約7.3万人でした。

公開初週の成績としては少し物足りないものでした。

 

公開初日の舞台挨拶がなかったことで、盛り上がりに欠けたのかもしれません。

前日にオンラインで前夜祭を行いましたが、舞台挨拶があって、それを全国の映画館に生中継することで、観客が増えることもあったのでしょう。

週明けの10月24日月曜日に、大阪と福岡で舞台挨拶は行われましたが、中継はありませんでした。

 

10月22日から28日の動員ランキングは4位と、平日を含んだランキングでは少し順位を上げています。

この期間の1位は、「劇場版ソードアート・オンライン」ですが、22日の土曜日の公開で、21日には、「線は、僕を描く」が1位で、24日以降の平日も1位の日が多くなっています。

公開から10日間、21日から30日では、興行収入約2億3千万、観客動員数約17.8万人でした。

平日に映画館に行くことのできる層、主婦や高齢者等の人気が高いのでしょうか。

 

 

https://twitter.com/senboku_movie/status/1585919313566892039

レビューサイトやSNSでも評判も良いので、口コミで広がっているのかもしれません。

そのため、1か月に満たない打ち切りということもないと思われます。

 

 

過去の類似作品はどうだった?

「線は、僕を描く」に似ている過去の作品はどうだったのか、見ていきましょう。

 

2022年8月26日公開の「アキラとあきら」は、「線は、僕を描く」と同じ横浜流星さんが竹内涼真さんとW主演しています。

「アキラとあきら」は6週間で終了となりました。

池井戸潤さん原作の銀行が舞台の作品ですが、アキラとあきらの2人が企業の再生に向かう姿は青春映画のようでもありました。

初日から3日間の興行収入は約1億8千万、観客動員数は約13.5万人でした。

「線は、僕を描く」の倍以上ですね。

10日間の興行収入は約4.3億、観客動員数は約32.6万人でした。

3日間では、「線は、僕を描く」は「アキラとあきら」の半分以下でしたが、10日間になるとその割合は上がり、倍以上です。

 

公開46日、10月10日現在では興行収入は約7億6千万で、観客動員数が約7万6千人です。

地元の田舎の映画館では、初週の上映回数が5回で、1週間ごとに1回ずつ減っていき、1回の週が2週あって、「アキラとあきら」は6週間で終了となりました。

 

東京のある映画館では今も上映が続いていて、1日に「アキラとあきら」と「線は、僕を描く」を観ることのできると、横浜流星さんのファンが喜んでいます。

 

「線は、僕を描く」と同じ、小泉徳宏監督と同じスタッフで作られた映画に「ちはやふる」があります。

2016年に「ちはやふる上の句」「ちはやふる下の句」の2年後の「ちはやふる結び」が公開され、すべて10億円越えの大ヒット作になりました。

「ちはやふる上の句」は、初週の成績は「アキラとあきら」と同じぐらいでしたが、1週目4位、2週目7位から、口コミが広がって4位に上がりました。

その後はなかなか下がることなく、16.3億円のヒットとなりました。

2週目以降の後の伸びは素晴らしかったのですね。

 

地元の映画館の上映回数は、1週目5回だった「線は、僕を描く」は、2週目で3回に減ってしまいましたが、平日の朝1番の回にも、予想以上にお客さんが入っています。

 

「線は僕を描く」も、「ちはやふる上の句」のようにこれから上がっていく可能性もあります。

今年の興行成績上位を見ると、アニメとスケールの大きな大作、刺激のが強かったり、感情をが強く揺さぶられるものが多く、温かい作品、深く考えさせられるよう作品は少ないように感じます。

「線は、僕を描く」の苦戦は、若者のの実写離れが原因ではないかという記事もありました。

 

水墨画の魅力とともに、主人公たちの悩む姿や熱い思いが、青春は過ぎてしまった大人に、響いているようです。

 

線は僕を描く(せんぼく)いつまで公開されている?映画の上映期間を予想!のまとめ

「線は、僕を描く」は、1か月から1か月半、5週から6週上映が続き、11月末から、12月初めまでの上映になるでしょう。

1週目の興行収入は1億に満たなかったのですが、映画のレビューサイトや、SNSでの評判がいいので、これから伸びる可能性もあります。

当初ターゲットとした若者よりも、上の世代に響いています。

 

原作小説と映画の違いについてもまとめています。

⇒線は僕を描くの原作小説と映画の違いについてはコチラ

 

見たい映画の上映が終了してしまった場合には、22万本以上配信しているU-NEXTで配信されている可能性があります。

原作の小説も配信されているので、気になる方はチェックしてみてください。

U-NEXTの登録はコチラ

 

映画
スポンサーリンク
tebasaki
タイトルとURLをコピーしました