【サウナ】メガネかけたままでも大丈夫?だめならどうするのか徹底解説!

【サウナ】メガネかけたままでも大丈夫?だめならどうするのか徹底解説! エンタメ

大人気のサウナですが、メガネをかけたままでも大丈夫なのでしょうか?

持ち込んでも大丈夫なのか、だめならどうすると良いのか徹底解説していきます!

 

この記事でわかること

  • サウナでメガネは大丈夫?
  • メガネをかけたままサウナに入る方法は?

 

\サウナ専用の曇らないメガネはコチラ/

サウナメガネ「アイラブ入浴」を今すぐ購入

 

サウナでメガネは大丈夫?

サウナやお風呂で眼鏡をかけたまま入るのは大丈夫ではありません。

現在の多くのレンズはプラスチック製で、キズ防止などのコーティングが施されているものが多く、場合によっては熱により上記のようにレンズにシワが入ることがあります。

 

理由は熱でレンズが膨張するからです。

お風呂も普段の気温よりも暖かいので熱がありますが、サウナは特に灼熱と言っても良いですよね。

熱によってレンズは膨張しますが、コーティングは熱を想定されていないのでレンズの膨張についていけず、ヒビ割れのようにシワが入ることがります。

 

また温度差が激しいサウナにメガネをかけたまま入るとレンズが割れてしまう可能性もあるので危険です。

 

サウナやお風呂でメガネをかけるデメリット

メガネをかけたままサウナに入ることで発生しうるデメリットは以下の通りです。

メガネをかけたままサウナに入るデメリット

  • レンズにヒビ割れ(シワ)が発生する
  • レンズが割れてしまう
  • 湿気や汗、温泉などの性質で錆びる
  • 金属製のフレームでやけどする

 

上記のようにレンズやコーティングにダメージがある以外にも、デメリットがあります。

フレームの接続部分は金属のネジが使われているものがほとんどで、鼻(眉間)に触れるパッド部分も金属製のものもありますよね。

 

軽く水洗いする程度では錆びることはほとんどありませんが、お風呂の環境で使うとなれば別です。

入浴時間やサウナに入っている間は、軽く水洗いする時間よりも遥かに長いので汗や温泉の泉質によって錆びてしまうことがあります。

 

また金属は熱を持ちやすい性質がありますよね。

金属製のフレームの場合は熱をもちやすいので、長時間サウナに入ると直接肌が触れている耳回りなどを火傷してしまう可能性があります。

 

実際にサウナの入り口にメガネ置き場がある理由は上記の理由が挙げられるので、設置されているお風呂屋さんが多いです。

メガネをかけたままだとリスクが大きいので、サウナに入らないようにしてください。

 

メガネがダメならコンタクト?

メガネがないと周りが見えないので、お風呂やサウナで様々なことが困りますよね。

メガネなしの裸眼で入浴するデメリット

  • 足元が見えにくくて転倒の可能性がある
  • シャンプーなどのボトルが見えにくい
  • 子供を連れていると顔が見えなくて心配
  • サウナ内で時計やテレビが見えない

これらを解消するためにはコンタクトが1つの解決策として挙げられます。

 

コンタクトであれば、お湯の蒸気があっても曇ってしまうことがないのですが、サウナに入るとなると話が変わってきます。

コンタクトを付けたままサウナに入ると、レンズが乾燥して目から外れにくくなったり、軽く目を触っただけでコンタクトがズレたり、外れてしまうことがあります。

 

では次にメガネをかけたままサウナに入る方法は、どんな方法があるのか解説します!

 

メガネをかけたままサウナに入る方法は?

結論から言うと、サウナ専用のメガネだとメガネをかけたままでも大丈夫です!

コンタクトを付けたまま入る方もいらっしゃいますが、前述の通りズレたり外れてしまうことがあります。

また普段メガネしかかけたことがない場合には、いきなりコンタクトを付けるのも抵抗がありますし、何より外れてしまうと何も見えなくなってパニックですよね。。

私も裸眼だと視力検査の一番上が見えないので、まさに1人緊急事態です。。

 

そこで便利なのがサウナ専用のメガネです。

一般的なメガネを違い、ポリカーボネートで金属を使っていないので錆びることも火傷することもなく、めっちゃ軽くて使いやすい特徴があります。

錆びないので水風呂に入るときも心配することなく入れますし、落としても割れにくいので安心・快適ですよね!

 

もちろん、サウナ専用メガネなので熱に強く曇りにくいので、温泉に行ったときだけでなく、日常のお風呂でも使えます。

普段お風呂でスマホをいじりながら入る方にも便利なアイテムですよね!


⇒サウナメガネ「アイラブ入浴」の商品ページを今すぐ購入する!

 

【サウナ】メガネかけたままでも大丈夫?だめならどうするのか徹底解説!のまとめ

サウナに入る際は一般的なメガネをかけたままでは大丈夫ではありません。

レンズの熱膨張にコーティングがついていけなくて、ヒビ割れのようなシワになってしまうことがあります。

 

かといってメガネなしでサウナにいくのはテレビも時計も見えなくて、雰囲気も楽しみにくいですよね。

そこで解決方法のひとつとして挙げられるものが、サウナ専用のメガネです。

裸眼だと足元が見えにくかったり、シャンプーのボトルの文字や子供の顔が見えないデメリットがありますが、サウナ専用のメガネだと曇りにくく熱にも強くて軽い素材なので安心です。

 

サウナをより楽しむ方法のひとつとなれば嬉しいです!

眼鏡をかけて時計をちゃんと見て、ととのっていきたいですね。

 

\サウナ専用の曇らないメガネはコチラ/

 

エンタメ
スポンサーリンク
tebasaki
タイトルとURLをコピーしました