マッサージガンおすすめ比較!MYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXの違いを比較

マッサージガンおすすめ比較!MYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXの違いを比較 レビュー

 

自宅で簡単に全身ケアができるマッサージガンは、今注目のアイテムです。

そこで今回はこの2機種の違いを比較しました。

  • MYTREX REBIVE(マイトレックス リバイブ)MT-RBN20G
  • NIPLUX FASCIALAX(ニップラックス ファシアラックス)NP-FX21

どちらもTV・雑誌に紹介され口コミも高評価なマッサージガンです。

 

甲乙つけがたい2機種ですが、どんな違いがあるのでしょう?

スペックの比較だけでなく、共通する長所や短所などまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

今回はマッサージガンはどちらがおすすめなのか?代表してMYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXの2機種の違いを比較したものをご紹介します!

 

⇒マイトレックスリバイブの口コミや評判まとめ記事はコチラ

 

⇒NIPLUX FASCIALAXの口コミと評判まとめ記事はコチラ

 

他にも幅広く家電製品の口コミをまとめています!

⇒過去にご紹介した家電レビュー記事はコチラ

 

 

MYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXの違いとは?

この2機種、USB充電で、サイズもほぼ同じくらい。短所も長所もよく似ています。

でも、もちろん違うところもあります。

  • MYTREX REBIVEは医療機器認証済製品
  • NIPLUX FASCIALAXは温熱アタッチメント付き
  • ストローク(振れ幅)が違う

この違いについて、説明していきますね。

 

 

MYTREX REBIVEは医療機器認証済製品

MYTREX REBIVE(マイトレックスリバイブ) MT-RBN20G 医療機器認証 効果の表示

MYTREX REBIVE

MYTREX REBIVEはマッサージ器具として医療機器認証を取得しています。

だから、筋肉のコリの緩解や神経痛の緩和、血行促進などの効果を表示できます。

 

取得するには厚労省登録の公的第三者機関の認定が必要です。

効果に対する根拠を示すだけでなく、身体への影響や使用時の安全性を確保しているかなど、定められたいくつもの基準を満たす必要があります。

 

一般的にハンディガン全般をマッサージガンと呼んでいますが、製品表示として「マッサージガン」を呼称できるのは医療機器認証品だけです。

MYTREX REBIVEは「マッサージガン」なんですね。

「医療器具として認定されているから選んだ」という口コミもありました。

 

NIPLUX FASCIALAXは認証品ではないので、身体への具体的な効能は表示できません。

だから「セルフケア」「筋膜リリースガン」といった言葉でどんなものかを言い表しています。

もちろん効果もあるんですが、法律に抵触するので表現するのはNGなんです。

 

どちらも、使い方は同じです。

叩打の刺激でトリガーポイント(こりや痛みの元になるところ)をケアする。

運動や長時間ワークで固まった筋膜・筋肉をほぐし疲れを和らげる。

全身を簡単にピンポイントでアプローチできるのが、「マッサージガン」「筋膜リリースガン」のいいところです。

 

 

 

NIPLUX FASCIALAXは温熱アタッチメント付き

NIPLUX FASCIALAX(ニップラックス ファシアラックス)NP-FX21 温熱アタッチメント 温熱ヘッド

NIPLUX FASCIALAX

NIPLUX FASCIALAXには温熱アタッチメントが付属品になっています。

MYTREX REBIVEにも温熱アタッチメントがありますが、こちらは別売です。

温熱アタッチメントが最初から付いているのはうれしいポイントです。

「温熱が付いているので購入しました」という口コミも多いです。

 

NIPLUX FASCIALAXの温熱アタッチメントは、単体で充電式になっています。

充電時間は約1時間、本体とは別に充電しておく必要があります。

使用時は55℃の温度に上がり、打たせ湯のように叩打の刺激と温熱を同時に与えてくれます。

 

MYTREX REBIVEの温熱アタッチメントは別売ですが、本体の電源を感知して自動的にON/OFFするので、取り付けるだけで使えます。

MYTREX REBIVE マイトレックスリバイブ Homia 温感アタッチメント MT-RB-OA21 自動感知システム搭載

MYTREX REBIVE 温感アタッチメント

こちらも使用温度は55℃、体感温度45℃で温かさが心地よく感じられます。

 

温熱以外のアタッチメントはそれぞれ5種類。どちらも同じような形状です。

部位によって取り換えれば、より効果的な使い方ができます。

MYTREX REBIVE(マイトレックスリバイブ) MT-RBN20G アタッチメント 使い方

MYTREX REBIVEのアタッチメント

NIPLUX FASCIALAX(ニップラックス ファシアラックス)NP-FX21 アタッチメント 使い方

NIPLUX FASCIALAXのアタッチメント

アタッチメントがもっとたくさんついている製品もありますが、あまり多くても使い分けが面倒。

5種類の中から、お気に入りのタイプを2~3くらい選んで使い分ける。

アタッチメントのバリエーションは、ちょうどいいくらいだと思います。

 

 

 

ストローク(振れ幅)の強さが違う

MYTREX REBIVE(マイトレックスリバイブ) MT-RBN20G 振動 ストローク マッサージガン

MYTREX REBIVE

MYTREX REBIVEのストローク(振れ幅)は8mmです。

メーカーの説明によると「筋肉をピンポイントで刺戟して骨には響きにくいベストのストローク」なのだそうです。

 

NIPLUX FASCIALAX(ニップラックス ファシアラックス)NP-FX21 10mm ストローク リリースガン

NIPLUX FASCIALAX

NIPLUX FASCIALAXのストロークは10mmです。

ハンディなサイズで10mmのストロークというパワフルさを実現。

深部筋肉への振動が伝わりやすいプロも納得の仕様だそうです。

 

振動回数だけでなくストロークの強さが、筋肉への刺激に関わってくるんですね。

NIPLUX FASCIALAXの方がストロークが深い分、刺激を強く感じるかもしれませんね。

 

鍛えていて筋肉量が多い人や身体の大きい人なら、ストロークの深い方がいいかもしれません。

逆に筋肉の薄い人や華奢な人には強すぎるかもしれません。

マッサージガンの買い替えを考えているなら、今使っている機種のストロークを確認しておけば、目安になると思います。

 

ストロークの違いはありますが、どちらもしっかりパワフル。

私はMYTREX REBIVEを使ったことがありますが、振動レベル1で2分ほど当てただけなのに、こっていた肩が軽くなりました。

パワーの強さや使用実感は、どちらの機種の口コミも高評価です。

 

 

スペックの比較と共通の短所・長所

MYTREX REBIVE(マイトレックスリバイブ) MT-RBN20G 特徴 機能 医療機器

MYTREX REBIVEの特徴

NIPLUX FASCIALAX(ニップラックス ファシアラックス)NP-FX21 特徴 機能

NIPLUX FASCIALAXの特徴

MYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXの特徴を調べている間、短所や長所に共通している点が多いことがわかりました。

  • 2つの機種のスペックを比べてみました
  • 2つに共通している短所と長所とは?

以下に紹介していきますね。

スペックを比べてみました。

スペック的にはどちらも同じくらいのグレードだと思います。

品名 MYTREX REBIVE NIPLUX FASCIALAX
型番 MT-RBN20G NP-FX21
医療機器認証 ×
種類 家庭用マッサージ器具 家庭用運動補助器具
公式販売価格(税込) 21,780円 23,650円
メーカー (株)創通メディカル (株)日創プラス
発売年月 2020年1月 2021年11月
電源 充電式
USB Type-C
充電式
USB Type-C
重量(g) 約680 約570
サイズ(mm) 約147×60×186 約181×60×139
レベル 5段階 5段階
振動回数
(1分当たり)
1:2000
2:2300
3:2600
4:2900
5:3100
1:2100
2:2300
3:2500
4:2700
5:3200
アタッチメント 5種類 6種類
温熱アタッチメント 別売 付属
充電スタンド 別売 別売
運転音 43~54dB 約45dB
連続動作時間 約3時間充電で約2時間 約5時間充電で約4時間
自動停止 10分 10分
USBコード
ACアダプター
収納ケース
保証 1年 1年

NIPLUX FASCIALAXの方が100g程度軽量。バッテリーもNIPLUX FASCIALAXの方が持ちそうですね。

 

 

2つに共通している短所と長所とは?

MYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXには、共通している短所と長所があります。

共通している短所

  • 取扱説明書がわかりにくい。使用方法の具体的な説明がない
  • 背中の中央部分などには届きにくい
  • 連続使用時間や充電が目安時間より持たない場合がある
  • 内蔵バッテリーの交換ができない

 

共通している長所

  • ハンディサイズで使いやすい
  • パワフルな振動とストロークで満足度も高い
  • 使用後の効果を実感したという口コミが多い
  • コードレスなので、小回りが利いて電源のないところでも使える
  • ランニングコストは充電時の電気代のみ
  • 操作はボタン一つ、振動レベルも充電の状態もLEDランプ表示でわかりやすい

 

他にも10分の自動停止機能、AIチップやICチップで制御する安全設計、静音設計など同じような機能を搭載しています。

 

 

MYTREX REBIVEとNIPLUX FASCIALAXの比較まとめ

2つを比べてみて、どちらを選んでもハズレないというのが私の結論です。

どちらも2万円前半の価格です。少し高いかな~とも思います。

でも、低価格のものを選んで期待外れに終わることを考えると、損はないはず。

MYTREX REBIVE、NIPLUX FASCIALAXどちらも品質・機能ともにバランスが取れたマッサージガンだと思います。

 

 

MYTREX REBIVE(マイトレックス リバイブ)のおススメポイント

  • 医療機器認証済製品
  • 発売後、2年以上経つ今でも口コミ評価が高く、ランキングでも上位を占めている
  • 健康用品のブランドとして定評あるマイトレックスの製品
  • 各アタッチメントが単品で購入できる
  • 多くのマッサージやトレーニングのプロが推奨している

 

⇒マイトレックスリバイブの口コミや評判まとめ記事はコチラ

 

NIPLUX FASCIALAX(ニップラックス ファシアラックス)のおススメポイント

  • 温熱アタッチメントが付属している
  • 600gを切った軽量設計
  • 10mmストロークのパワフルさを持つ
  • 連続使用4時間でバッテリーの持ちが良い
  • 口コミ評価が高い

 

⇒NIPLUX FASCIALAXの口コミと評判まとめ記事はコチラ

 

他にも幅広く家電製品の口コミをまとめています!

⇒過去にご紹介した家電レビュー記事はコチラ

 

 

レビュー
スポンサーリンク
tebasaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました