※本サイトはプロモーション広告を利用しています。
スポンサーリンク

【壁谷衿奈】中学や進路は?仙台育英高校でインターハイ優勝経験あり!

【壁谷衿奈】中学や進路は?仙台育英高校でインターハイ優勝経験あり!イベント

仙台育英高校の壁谷衿奈(かべや えりな)さんについて、中学や高校卒業後の進路などのプロフィールや、経歴についても調査しました。

 

この記事でわかること

  • 壁谷衿奈のプロフィール
  • 壁谷衿奈の出身中学
  • 壁谷衿奈の進路は決まってる?
  • 壁谷衿奈の経歴

 

 

壁谷衿奈のプロフィール

  • 名前:壁谷衿奈(かべや えりな)
  • 世代:2005年度生まれ
  • 生年月日:非公開
  • 高校:仙台育英
  • 年齢:16歳か17歳
  • 学年:高校2年(2023年4月より新3年生)
  • 出身:愛知県岡崎市

 

壁谷衿奈さんの名前の読み方は『かべや えりな』さんです。

活躍も素晴らしく、全国高校総体陸上(インターハイ)にも数多く出場されている仙台育英高校の陸上選手です。

 

また壁谷衿奈さんはハーフではないのかというウワサがありますが、詳細は不明です。

調べたところ家族の情報については公表されていませんでしたが、個人的にはハーフではなく日本人であると感じます。

 

2022年8月6日に行われた全国高校総体(インターハイ)の陸上女子800メートル決勝では、ラスト200メートルのところから一気に全選手を抜いていき、優勝した経歴もあります。

 

2022年8月4日にも1,500メートル決勝があったのですが、そこでは11位の結果でした。

この悔しさをバネにラストスパートに全力を注ぎこんだからこそ800メートル決勝で優勝できたのではと感じます。

 

序盤では予想以上に他の選手との差を広げられてしまい、見守る側としてもヒヤヒヤした場面がありました。

インタビューでも『自分の強みはラストスパート』と答えています。

実際に最後の200メートルで最後尾から全員を抜いてしまうなんて、走力だけでなくメンタル面でもかなり鍛え上げられていることが分かりますね!

 

壁谷衿奈の出身中学

壁谷衿奈さんの出身中学は岡崎市立竜海中学校です。

1947年4月創立の男女共学の中学校で、2007年には中部日本吹奏楽コンクール本大会で優勝。

2017年には第44回全日本中学校陸上競技選手権大会で、陸上部女子が400メートルリレー優勝するなど、音楽や陸上の実績がある中学です。

 

岡崎といえば、大人気YouTuberの東海オンエアの出身地でもあり、竜海中学校出身の有名人も多数いらっしゃいます。

  • ピアニストの河合優子さん
  • 将棋棋士の石田和雄さん
  • フリークライマーの大場美和さん
  • お笑いタレントのキンタロー。さん
  • 林野庁長官の沖修司さん
  • プロ野球選手の広島東洋カープ長谷部銀次選手…など

2022年5月には在籍生徒数が1,000人を超えていて、陸上部や吹奏楽部の他にも、サッカー部、バスケットボールなど、16の部活があります。

 

生徒数も多く、過去にも有名人を輩出しているので、壁谷衿奈さんのようなスゴイ実績を持つ方が今後も誕生するのかもしれませんね!

 

壁谷衿奈の進路は決まってる?

壁谷衿奈さんは仙台育英高校卒業後の進路は決まってるのか調べましたが、現状では2年生ということもあるのか、公表はされていませんでした。

 

ちなみに現在の女子陸上部キャプテンの杉森心音さんの進路は日本郵政グループに入社予定とのこと。

また、釜石慶太監督も仙台育英学園高校出身で、卒業後の進路には東洋大学を選んでいます。

 

実業団に進む道もあれば、大学に進学する道もあるようですね!

壁谷衿奈さんの活躍から考えると、釜石慶太監督が東洋大学へ進学したように、陸上の強豪大学へ進学する可能性も高そうですね!

 

壁谷衿奈さんと同じ仙台育英のキャプテン杉森心音さんについてもまとめています。

⇒杉森心音の身長や経歴・進路についてはコチラ

 

【壁谷衿奈】中学や進路は?仙台育英高校でインターハイ優勝経験あり!のまとめ

壁谷衿奈さんは仙台育英高校の陸上選手でインターハイ優勝の経験もあります。

出身中学は岡崎市立竜海中学校です。

 

現在は高校2年生で未定なのか、進路についての公表はされていませんでした。

壁谷衿奈さんがハーフではないのかというウワサもありますが、あくまでウワサっぽいですね。

ご家族についての情報も調べましたが、現場では出てきませんでしたので、新しい情報がわかり次第追記していきます。

 

 

壁谷衿奈さんと同じ仙台育英のキャプテン杉森心音さんについてもまとめています。

⇒杉森心音の身長や経歴・進路についてはコチラ

 

 

イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tebasaki