フロントガラスのヒビ割れは車検に通らない?補修か交換の基準を解説

カーライフ

フロントガラスにヒビがあると車検に通りません。

ただし、フロントガラスを補修すれば車検に合格することができます。

 

ではどの程度であれば、車検を合格できるように補修できるのでしょうか?その基準について解説します!

 

フロントガラスのヒビ割れは車検に通らない

最初にご説明したように、フロントガラスにヒビがあると車検に合格することができません。

なぜなら、フロントガラスにヒビがあることで運転手の視野を妨げてしまうからです。

 

保安基準と言う法律で定められています。

一般的にはフロントガラスはスモークフィルムなどのカラーフィルムを貼り付けた場合に「透過率」について留意することがあるかと思いますが、透過率だけでなく、「ひずみがないか」「ひび割れがないか」などもチェックする項目です。

ちなみにフロントガラスだけでなく、サイドガラスの検査対象のガラスです。

 

サイドガラスとはドアについているガラスや側面についているガラスのことです。

フロントガラスとは種類が違いますが検査対象にガラスです。

 

また、ヒビがあるフロントガラスはヒビが大きくなる可能性が高く、ヒビがあることで当初のガラスの強度を保てなくなっていることがほとんどです。

 

フロントガラスのヒビ割れは補修すれば車検に通る

フロントガラスにヒビがあると交換しないと絶対に車検に通らないかと言うとそうではありません。

ヒビが入ってしまった場所のみを補修することによって、車検を通すことができます。

 

このフロントガラスを補修することを「ガラスリペア」という呼び方をします。

ガラスリペアはどんなサイズのヒビでもリペアできるわけではありません。

 

ヒビが小さなうちにリペアすることが重要となってきますので、フロントガラスのヒビを放置しておくことは危険です。

 

こちらの記事でもヒビを放置する危険性について解説しております。

⇒フロントガラスのヒビ割れ放置は危険?早めの応急処置が必要!

 

フロントガラスを補修できるヒビのサイズ

先ほど、ご説明したようにどんなヒビでも補修(リペアや修理)できるわけではありません。

フロントガラス補修できない場合は交換する必要があります。

 

補修できるヒビのサイズは車屋さんによって意見が違うことがあるので一概には言えませんが、一つの目安としては直径が2.6 cm 以下のものです。

 

直径2.6 cm というのは、ちょうど500円玉と同じサイズです。

500円玉のサイズよりも大きなヒビに対しては、フロントガラス交換が必要となってくるケースがほとんどです。

 

車屋さんによっては2cm以下や1.5cm以下であれば補修可能となっているケースもありますので、あくまで一つの目安としてお考えください。

 

500円玉のサイズを超えるヒビに関しては、ほとんどの車屋さんでフロントガラス交換になります。

 

私の経験した場合でも500円玉サイズを基準としていました。

少しでも500円玉のサイズをオーバーしてはみ出す場合には交換をお願いしていました。

 

判断が難しいケースもありますので、まずは車屋さんで見てもらいましょう!

 

フロントガラスを補修できないケース

上記でご説明したように補修できるサイズの一つの目安として、500円玉と同じサイズとご説明しましたが、小さなサイズでもフロントガラス補修できないケースがあります。

 

フロントガラスの補修するのか交換するのかを決める基準は以下の3つがあります。

  • ヒビの大きさ
  • ヒビの深さ
  • ヒビのある位置

このようにヒビのサイズが小さくても、ヒビが深かったり、ヒビがある箇所が悪いと交換が必要になるケースがあります。

 

フロントガラスのヒビを補修できないヒビの深さ

車種や年式にもよりますが、ほとんどの車種の場合フロントガラスは合わせガラスが主流です。

ガラスとガラスの間にフィルムや樹脂を挟み込み3層構造になっている合わせガラスを採用している車種がほとんどですので、合わせガラスの場合で解説していきます。

 

合わせガラスの2枚のガラスのうち、どちらか1枚のガラスの表面のみヒビが入っている場合は補修することが可能です。

 

しかし、ヒビの深さが深くて、ガラスとガラスの間のフィルムに達している場合や、ガラスが2枚ともひびが入っている場合には交換が必要になってきます。

 

こちらも判断がなかなか難しいので、まずはヒビに気付いたらそのまま放置せず車屋さんで見てもらってください!

 

フロントガラスのヒビを補修できないヒビの位置

ヒビの位置も重要でフロントガラスの外(フレーム)から15cm以内にヒビがある場合にも交換が必要となってきます。

 

こちらも車屋さんによって基準が違うので一概に入ることができませんが、一つの目安が15cm以内です。

場合によっては10cm以内の車屋さんもあれば、20cm以内の車屋さんもあります。

 

フレームに近いところでは、走行中の振動が伝わりやすく、ヒビも大きくなる可能性も高いです。

仮に補修できたとしても補修したところから、再度ヒビが入るケースもあるので、フレームに近ければ近いほど交換になることが多くあります。

 

こちらも同じく判断が難しいケースもありますので、まずは車屋さんで見てもらいましょう!

 

フロントガラスのヒビ割れは車検に通らない?補修か交換の基準を解説のまとめ

フロントガラスにヒビがあると車検に合格しないことを解説しました。

ヒビが入ったらフロントガラスを交換するか補修するかのどちらかの対応が必要です。

 

補修できるヒビなのかの見分け方の一例としてご紹介しましたが、車屋さんによって意見が分かれることが多いのであくまで目安です。

まずは車屋さんに見てもらって補修か交換か判断してもらいましょう!

 

ヒビが入ったまま、放置することは危険ですので必ず補修か交換をお願いします。

こちらの記事でもヒビを放置する危険性について解説しております。

⇒フロントガラスのヒビ割れ放置は危険?早めの応急処置が必要!

 

皆様の参考になれば幸いです。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました