FIFAワールドカップ【ゴール取り消し】なぜ?八百長疑惑は本当?

FIFAワールドカップ【ゴール取り消し】なぜ?八百長疑惑は本当? エンタメ

ついにワールドカップが開催され、カタール vs エクアドルの試合があり、ゴールが取り消しになってしまいました。

なぜ取り消しなのか調査しました。

 

この記事でわかること

  • なぜエクアドルの初ゴールは取り消しになった?
  • 八百長疑惑はウソ?本当?

 

 

なぜエクアドルの初ゴールは取り消しになった?

開幕戦でのエクアドル選手による初ゴールの取り消し理由はオフサイドです。

 

エクアドルの選手がヘディングした瞬間に、セカンドボールを拾うエクアドルの選手の足がカタールの選手より前に出ていたことがオフサイド判定になった背景です。

 

攻撃側であるエクアドルの選手の体の一部でも、オフサイドラインより前に出ていればオフサイド判定になるので素早い動きの中で正確な判定をするのも苦労するのでは?と感じます。

 

でも実際に映像で何度か見ても判定が難しいですよね。

この判定には八百長ではないかという疑惑も浮上しますが、次にまとめていきます。

 

八百長疑惑はウソ?本当?

八百長はありません。

なぜハッキリと言えるかというと、今回SAOTが採用されているからです。

SAOTとは、半自動オフサイド技術のことです。

 

放送用とは別の専用カメラが12台も設置されていて、人体の29か所のデータを毎秒50回追跡していて、ボールには加速度センサーが内蔵されていて毎秒500回のデータ計測が行われています。

この人体の位置データとボールのセンサーデータを元にAIが判定しているので、人が直接見るだけでは判定できないような状況でも、より正確な判定が出せますね。

 

もちろんAIの判定結果がすべてではありません。

AIが判定した結果を見て、最終的には競技規則に則り主審が判定結果を出しているので、まずはAIの判定が基本的な判定となります。そのため人為的な判定や間違った判定をだしてしまう可能性が大幅に削減されます。

今回は開催国がカタールだからというような八百長は発生しないと言い切れます。

 

AIを導入したことにより判定時間も大幅に削減できるだけでなく、正確性も向上するので、今回のオフサイドも人の目だけでは判定できなかったかもしれませんね。

 

FIFAワールドカップ【ゴール取り消し】なぜ?八百長疑惑は本当?のまとめ

オフサイドについては、判定が難しいこともありますが抗議たトラブルに発展しなかったのはSAOT(半自動オフサイド技術)が採用されていたからですね。

 

AIが導入されたことで、不正な判定や間違った判定をしてしまう可能性が大幅に減るので技術の進歩は本当に素晴らしいですね!

開催国での出来事となると、疑ってしまうのは八百長疑惑ですね。

 

しかし、そのような事実はなくAIを導入したシステムなので、オフサイドでのゴールが取り消しになったとしても抗議に発展しなかったことも納得できます。

 

エンタメ
スポンサーリンク
tebasaki
タイトルとURLをコピーしました