ドライブレコーダーって必要?付けた方が良いのか分からない方へ解説

car_drive_recorder カーライフ

ドライブレコーダーについて、付けた方が良いと車屋さんなどで言われたことはありませんか?

実際、お店の売り上げのために言っているのか、お客様にもメリットがあって心配して提案しているのか分かりませんよね。

 

結論、付けた方が良いです。

しかし、付けないと走れないパーツではないので、なくても走れます。

それでも私は付けた方が良いとお答えする理由について解説していきます。

 

ドライブレコーダーの取り付け目的

ドライブレコーダーとはその名の通り、運転中の状況を音声や映像で記録してくれる車用のカメラです。

 

主な目的は事故などのトラブル時の証拠映像として利用します。

事故が発生したときに相手は本当のことを言わないこともあったり、突然の事故で記憶が曖昧になってしまい、どちらに過失があったのか判断が難しいケースがあります。

 

そこで登場したのがドライブレコーダーです。

事故の映像を事故が発生する前から記録していることで、どんな状況で、どうやって事故が起こったのか明確に分かります。

 

映像だけでなく、音声も残るので当事者の間で意見が食い違うことが少なく、状況把握が以前に比べると格段にスムーズになります。

どちらかの都合のいいようにできないのが映像の良いところなので、自分の過失がない場合の証明になるので付けた方が良いのか迷っている方は、取り付けて安全運転を行ってください!!

 

ドライブレコーダーの撮影方法や撮影時間

ドライブレコーダーの撮影方法は、メーカーや機種によって違いがあります。

例えばずっと撮影していて強いブレーキを踏んだ時や車体に衝撃があった瞬間の前後を記録してメモリーカードに保存するタイプや、車上荒らし防止のために自車の前を怪しくうろついた人影に反応して撮影するタイプのものなど、今挙げたものはほんの一例です。

 

撮影する方法によって、撮影時間も変わってきます。

常時録画するドライブレコーダーもあり、メモリーの容量にも注意したいですね。

 

ドライブレコーダーの撮影方向

発売当初は自分の車の前しか撮影できませんでしたが、今は自分の車の前と後ろの両方にカメラをつけることが主流になってきています。

 

また、前後方向のカメラも少し古くなりつつあり、今は前カメラで360度撮影可能なモデルが主流になってきています。

360度カメラの場合、自分の車の前はもちろん、死角になりがちな横も、私たちが乗り込んでいる運転席や助手席などの車内も映ります!

 

画角にも種類があって、インスタグラマーのような完全に360度つながった状態で撮影するタイプのものもあれば、前後、左右と1画面ずつ4画面撮影するタイプなどがありますね!

他には丸く見える魚眼レンズを使用しているタイプもありますね。

 

映像の見やすさでいえばやはり4画面タイプですね。

どの画面にも死角がないようになっています。

 

例えば、右後ろからバイクが来た場合、車内映像と右側映像の両方に映る場所があります。

これによりどのカメラにも映らない状況を無くしています。

 

そして、後ろにもカメラをセットします。

これは煽り運転や追突事故の状況を記録するためです。

 

上記でご説明したカメラだけでは車両の後ろの映像は映りにくいので別で撮影しているタイプが多いですね。

 

後ろのカメラは暗くても見やすく撮影できるものがおすすめですね。

後ろのガラスは黒っぽいことが多く、夜だと街頭が少ないところでも撮影した映像が見えやすいものを選びたいですね!

 

ドライブレコーダーの映像の見方

ドライブレコーダーは撮影した映像は多くの場合、メモリーカードなど外部メモリーに記録されます。

そのため、パソコンなどで確認するときにメモリーだけ抜けばいいので、カメラを外したり、配線を接続しなくていいタイプが多いですね。

 

また、ドライブレコーダーは撮影だけでなく再生もできるタイプがほとんどですね。

モニター出力する方法にも種類があります。

 

まうはカーナビに出力するタイプのものです。

カーナビを切り替えると、カーナビの画面にドライブレコーダーで撮影した映像が確認できます。

 

他にはルームミラーと一体になったものもありますね。

通常の状態ではミラーとして使用できますが、モニターとしてスイッチを押すとルームミラーがモニターになるものがあります!

 

初めて見たときは感動しました!笑

ルームミラーに映像出力するタイプのものにも、さらに種類があって、ルームミラー全体がモニターになるもの、ルームミラーの一部がモニターになるものなどあります。

ミラーとしての機能も残したまま、モニター表示させられますね。

このタイプのモニターはバックカメラと連動しているものも多いですね。

 

ドライブレコーダーまとめ

ドライブレコーダーは自分の過失がないことを証明するために付けた方が絶対に良いです。

とても低い確率ではありますが、わざとぶつけられた時も自分の言葉だけでは説明できないので映像があると証明できることもあるので迷っているなら付けた方が良いです!

 

ドライブレコーダーのタイプは様々。

すべて把握することは難しいのですが、ご説明したようなタイプがあることを知ったうえで取り付けをお願いする車屋さんと相談すると希望にあったドライブレコーダーを選んでもらえますね!

 

最近の主流ではドライブレコーダーは前後2個設置。

前は360度カメラで、前後左右の4画面撮影タイプ。

後ろは暗くても撮影できるタイプがおすすめです。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

皆さまの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました