※本サイトはプロモーション広告を利用しています。
スポンサーリンク

【カウンターショート動画】とは?ヒカキンが批判炎上してる?

【カウンターショート動画】とは?ヒカキンが批判炎上してる? エンタメ

カウンターショート動画とは何なのでしょうか?

有名YouTuberのヒカキンさんがカウンターショート動画がきっかけで批判が殺到して炎上しているというのは、なぜなのかをまとめていきます。

この記事でわかること

  • カウンターショート動画とは
  • なぜカウンターショート動画が登録者数を増加させる?
  • ヒカキンがカウンターショート動画で批判炎上している?

 

カウンターショート動画とは

カウンターショート動画とは登録者数のカウンターをリアルタイムで大きなモニターに表示させ、登録者数が増えていく様子を視聴者へ見せるショート動画のことです。

 

YouTubeショートだけでなく、TikTokやインスタグラムなどの縦型動画も主流になってきており、海外ではこのカウンターショート動画がトレンドとなっています。

実際に世界一のチャンネル登録者数を誇る『MrBeast』さんも、カウンターショート動画をアップしていて世界のトレンドとも言えるのかもしれませんね。

 

カウンターショート動画をアップしている背景としては『チャンネル登録者数が増えるから』という理由があります。

では、なぜカウンターショート動画をアップすればチャンネル登録者数が増えるのでしょうか?

 

なぜカウンターショート動画が登録者数を増加させる?

なぜカウンターショート動画が登録者数を増加させるのかというと、大きく2つの理由があると思います。

カウンターショート動画が登録者数を増加させる2つの理由

  • 登録者数の増減に対するリアクションが見たい
  • 有名な人なら応援したいと感じるから

 

登録者数の増減に対するリアクションが見たい

まずは『登録者数の増減に対するリアクションが見たい』ことが理由の1つだと考えます。

 

自分のチャンネルの登録者数は発信者であれば気になりますよね。

増えるだけでなく、減る様子も見えてしまうので、2024年6月現在では本人のリアクションを発信していくことがトレンドとなっています。

 

実際にヒカキンさんやはじめしゃちょーさんもカウンターショート動画をアップしたことがきっかけで、チャンネル登録者数を大きく伸ばしています。

日本国内でも2024年5月だけでも500本以上のカウンターショート動画がアップされているとのデータもあり、投稿者のリアクションに注目が集まっていることも分かります。

 

有名な人なら知っておきたいと感じるから

次に挙げられるのは『有名な人なら知っておきたい(応援したい)と感じるから』です。

 

今回のカウンターショート動画もそうですが、流行っているなら知っておきたいという感情が湧いてきますよね。

友人との何気ない会話の中で有名人の話題になり『え?あんなに有名なのに知らないの?』と言われたくないという感情もあるかもしれません。

 

そういった感情から偶然見たカウンターショート動画が『1,000万人達成!』という内容であれば、『知っておかないと』という考えになり、知っておくため(また見れるようにする)ためにチャンネル登録する人が多いと考えられます。

 

実際に私も『有名なのは知っているけども、どんな動画なのか知っておいた方が良いかな?』と思ってチャンネル登録したYouTuberさんがいます。

このように『知っておきたい』『(有名なら)応援したい』と感じることがカウンターショート動画が登録者数を増加させるきっかけなのかもしれません。

 

ヒカキンがカウンターショート動画で批判炎上している?

実際にヒカキンさんがカウンターショート動画について話している動画が上記の物になりますが、批判が多く炎上しているとも言えます。

 

今回の動画だけでなく、全体的にコメント件数の多いヒカキンさんですが、通常であれば肯定的なコメントが多く投稿されています。

通常の動画へのコメント一例

  • 『面白い』
  • 『好き』
  • 『スゴイ!』など

一定数アンチ的なコメントも見受けられますが、子供からも大人気のヒカキンさんはコメント欄からも人気ぶりが分かります。

 

しかし、今回のカウンターショート動画についての動画については批判的なコメントが多く、炎上しているとも言えるかもしれません。

SNSでも一定数投稿されていました。

実際に動画内では『私、HIKAKIN。カウンターショート動画を日本で流行らせて日本のYouTubeの新時代を開幕させてしまいました』と話しています。

謙虚なヒカキンさんから自慢げな発言が出てくることが想像できなかったと感じているようですね。

 

過去の楽しそうに撮影していたヒカキンさんの動画を例に挙げて『ヒカキンが変わってしまった』といった内容のコメントも多く見られました。

実際にヒカキンさんに続くようにカウンターショート動画が、国内でも多く発信されたことは事実ではないかな?と個人的には感じます。

間違ってはないような気もしますが、ヒカキンさんのイメージと違った発言に捉えてしまったことで批判が多く炎上しているとも言えるかもしれません。

 

【カウンターショート動画】とは?ヒカキンが批判炎上してる?のまとめ

カウンターショート動画とは登録者数のカウンターをリアルタイムで大きなモニターに表示させ、登録者数が増えていく様子を視聴者へ見せるショート動画のことです。

 

海外では流行していて、カウンターショート動画がきっかけでチャンネル登録者数が増えやすい傾向があります。

チャンネル登録者数が増えやすい理由として、大きく2つの理由があると思います。

カウンターショート動画が登録者数を増加させる2つの理由

  • 登録者数の増減に対するリアクションが見たい
  • 有名な人なら応援したいと感じるから

 

実際にヒカキンさんもカウンターショート動画を国内でも早い段階で投稿していて、ヒカキンさんに続く投稿者が多かったことから、ヒカキンさんは『私、HIKAKIN。カウンターショート動画を日本で流行らせて日本のYouTubeの新時代を開幕させてしまいました』と話しています。

しかし、この発言がヒカキンさんの謙虚なイメージが崩れてしまったファンからの批判が多く炎上しているともいえるのかもしてませんね。

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク