千歳飴の食べ方は?3歳でも食べられる方法やアレンジレシピを解説!

千歳飴の食べ方は?3歳でも食べられる方法やアレンジレシピを解説! イベント

七五三のお祝いの楽しみの1つとも言える千歳飴ですが、3歳でも食べられるのでしょうか?

千歳飴のサイズは直径15mm、長さは1m以内と大きさが決まっていて、長いものが多くて3歳にひとりで食べさせるのはとても怖いですよね。

 

3歳の子供の食べ方だと、歩き回ったり遊びながら食べると喉に詰まらせて窒息しないか心配です。

しかもとても大きいので途中で飽きてしまう可能性がありますよね。

今回は3歳の子供におすすめの千歳飴の食べ方や、余ってしまった場合のアレンジレシピを調査しましたので解説します!

 

千歳飴の食べ方3歳児におすすめの方法

千歳飴の食べ方として、3歳児におすすめの方法はズバリ短く折ったり切って食べさせてあげる方法がおすすめです。

千歳飴は縁起物であり、折ったりしても大丈夫?と不安になりますが、実は折ってもマナー違反にはなりません。

 

3歳児は活発に走り回ったりすることが多いので、折ったり割ったりして短くする食べ方がベストです!

あと必ず座らせて食べさせてください。走り回ったり遊びながらだとのどに詰まらせる可能性がありますので注意してください。

 

短くする方法がどの方法でも大人の方が食べやすくしてあげてくださいね。

 

3歳児には飴を与えないご家庭も

飴を食べるには何歳以上でないと食べられないというような決まりは特にありません。

3歳の時点ではまだ飴を食べさせたことがないご家庭もあります。

 

千歳飴には砂糖が多く含まれていて虫歯になりやすいので、食べた後は歯磨きをしてあげてくださいね。

まだ飴を食べたことがない場合には、あえて千歳飴を与えなくても良いと思います。

 

千歳飴の代わりに飴以外のお菓子をあげてもいいですね!

⇒千歳飴の代わりになるお菓子7選はコチラ

 

千歳飴を折るときの注意点

折る場合には、ある程度の強い力がかかるので、大人が折ってください。

折った時に破片が飛び散る可能性がありますので、千歳飴を袋に入れてテーブルの角など固いところに体重を利用して折る方法が無難です。

 

この方法でもうまくいかない場合には、麺棒などでたたき割る方法もあります。

割れた飴が飛び散ってしまうので千歳飴を袋に入れたまま叩くようにしてください。

 

千歳飴を切るときの注意点

折るときには大きな音が出るので、切る方法もあります。

ただし、常温の千歳飴は硬くて切りにくいので、

  • 千歳飴をお湯で温める
  • 包丁をお湯や火で温める

この方法なら安全に短くカットできます。

 

千歳飴を電子レンジで温めるときの注意点

千歳飴は熱に弱いので、電子レンジで温めることで飴細工のように手で、引っ張って加工することができます。

 

電子レンジを使う場合には、お皿にクッキングシートを引いてください。

溶けやすく、焦げてしまうこともあるので20秒など短めにタイマーをセットして、中の様子を見ながら温めてください。

柔らかくなったら飴玉サイズにしてみたり、お箸の先に巻き付けても食べやすいですね。

 

千歳飴の保存方法

千歳飴は冷蔵庫に入れて保存してください。

千歳飴は熱に弱いので、室温が高い場合には溶けてベタベタになってしまうことがあります。

湿気を含むこともベタベタの原因になるので、ジップロックなどに入れて密閉して湿気を避けてくださいね。

 

賞味期限も意外と長く、未開封の状態であれば冷蔵庫で約1年ほど持ちます。

ですが、1年経ってから食べることはないと思いますので、賞味期限に関係なく早めに食べきるようにしてください。

 

千歳飴のアレンジレシピ

長い千歳飴なので子供が思ったより食べなかったり、味に飽きてしまって余ることがあります。

余った千歳飴は料理に使ってしまう食べ方がおすすめです!

 

イチゴ味の千歳飴でも意外とイチゴの味は気にならなくなります。

 

子供も大喜びの綿あめに加工

飴玉から綿あめが作れる綿あめメーカーがあります。

飴玉ほどの大きさに加工して、綿あめにすると子供も大喜びで食べたくなりますよね!

 

千歳飴だけでなく、通常の飴玉でも綿あめが作れるので、おうちの中でお祭りのように綿あめが作れるのも楽しいですよ。

 

煮込み料理に使う

肉じゃがやカレーなどの煮込み料理にポイっと入れて、砂糖代わりに溶かしてしまう食べ方もあります。

一般的な砂糖よりもコクが出て美味しくなるんだとか!

 

料理で使えば、子供だけでなく家族みんなで縁起物を食べられますし、小さく加工する必要もないのでお手軽でラクチンですね。

 

お菓子作りに使う

千歳飴はほぼ砂糖なので、溶かす工程があれば普通の砂糖ではなく千歳飴を溶かせばうまく活用できます。

生キャラメルに加工したり、いろんなお菓子作りに活用できそうですね!

 

暖かい飲み物に入れる

ホットコーヒーやホットミルクティーに砂糖の代わりとして入れても良いですね!

千歳飴は溶けやすいのでグツグツとした鍋でなくても、ホットコーヒーの温度でも溶けます。

入れたてのアツアツのときに入れてみてくださいね。

 

千歳飴の食べ方は?3歳でも食べられる方法やアレンジレシピを解説!のまとめ

千歳飴の食べ方で、3歳児におすすめできるのは細かくして食べさせてあげる方法です。

走り回らないように座らせて食べてもらってください。

 

ただ、ご家庭によっては飴を食べさせたことがないご家庭もあります。

無理に七五三のタイミングで飴を食べさせる必要はありません。

 

飴を食べることに年齢制限はありませんが、飴は歯にくっつきやすいので、食べたあとはしっかり歯磨きをしてあげてくださいね。

千歳飴の代わりに飴以外のお菓子をあげてもいいですね!

⇒千歳飴の代わりになるお菓子7選はコチラ

 

もし余った際には、砂糖代わりに料理やお菓子に使っても良さそうです!

 

イベント
スポンサーリンク
tebasaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました