アトムの童に出てくる車種は何?【アトム玩具社長の愛車】かわいい丸い車が気になる!

アトムの童に出てくる車種は何?【アトム玩具社長の愛車】かわいい丸い車が気になる! ドラマ

アトムの童(こ)に出てくる車種は何というのでしょうか?

アトム玩具社長の愛車がかわいいので、丸い車が何かまとめていきます!

 

この記事でわかること

  • アトムの童に出てくるアトム玩具社長の愛車の車種は何?
  • 新車価格や中古車相場は?
  • ナンバー1106の意味は?

 

ドラマ「アトムの童」の見逃し動画配信はParavi(パラビ)で見れます!

 

\Paraviへ登録はコチラ

Paravi

毎週100本以上配信中!

※本ページの情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

アトムの童に出てくる車種アトム玩具社長の愛車は何?

アトム玩具社長の愛車の車種はスバル360です。

 

1958年から1970年の12年間生産で、約39万2,000台が生産されました。

つまり、2022年現在から50年以上前の車種であることが分かりました。

丸っこくて、可愛い車種でおもちゃっぽいところもあるので、ドラマの劇中車として採用されたのかもしれませんね。

 

コンパクトなデザインで当時では通称「てんとう虫」と呼ばれていました。

可愛らしくて小さいボディですが4人乗りで、排気量356ccとエンジンもコンパクトです。

現在の軽自動車の排気量は660ccなので、約半分ぐらいの排気量です。

 

ドアの開き方も現代とは違って、個性的ですよね!

次に当時の新車価格や現在の中古車相場について調べてみました。

 

新車価格や中古車相場は?

アトムの童に出てくる車種で、アトム玩具社長の愛車のスバル360の新車価格は明確には分かりませんでした。

しかし、当時の月収は数千円レベルに対して、国内で販売されていた車はなんと100万円ぐらいで販売されていました。

月収は何百倍にも相当する価格で一般庶民が乗れる車種ではなかったそうです。

 

現代の中古車としては、カーセンサーで調べたところ国内には7台ありました。

販売価格は130万円~180万円ほどでした。1台は応相談との値段だったので数百万円はするかもしれません。

 

実はファンも多くいて、中古車市場には出回っていないものの、現存している台数はもっとあります!

もう部品も生産中止になっているものもあると思いますが、それでも乗り続けるというのは本当に車を大切にしていて素晴らしいですよね。

 

ナンバー1106の意味は?

アトム玩具社長の愛車のスバル360のナンバーは「11-06」です。

 

この意味は「アトム」と予想できますね!

  • 1:あいうえおの1番目の「あ」
  • 10:十(とう)=「と」
  • 6:6つ=「む」

細かいところにまでこだわっていて、大切にされて出演しているスバル360も嬉しいと思います!

第1話では火事によって、工場や会社は全焼してしまいましたが、1話の最後に再登場しているので愛車は無事です。

 

今後も可愛い姿が見れると思うので、ファンの方は必見です!!

 

アトムの童に出てくる車種は何?【アトム玩具社長の愛車】かわいい丸い車が気になる!のまとめ

  • アトムの童に出てくるアトム玩具社長の愛車の車種はスバル360
  • 新車価格は当時月収の数百倍!中古車相場は130万円~180万円ほど
  • ナンバー1106の意味は、「アトム」

 

50年以上前の車が大切にされていて、本当に「好き」や「ワクワク」の気持ちを大切にしているアトム玩具の社長の人間性も現れていたと思います。

とてもレアな車種なので、また登場するシーンがないか楽しみですね!

 

車内のシーンがあったらどんな音楽が流れるのか楽しみですね。

主題歌がないところが気になったので、以下の記事にまとめています。

⇒アトムの童の主題歌はないのか?音楽担当は誰なのか?についてはコチラ

 

安積那由他の白いバイクやヘルメットもカッコ良くて調べてみました!

⇒アトムの童のバイクは何?ヘルメットもカスタム仕様なのかについてはコチラ

 

アトム玩具のゲームに登場するゲッチャリロボについてもまとめています!

⇒ゲッチャリロボは販売されてる?どこで買えるのかはコチラ

 

 

ドラマ
スポンサーリンク
tebasaki
タイトルとURLをコピーしました