アキラとあきらはいつまで公開されてる?映画の上映期間を調査!

アキラとあきらはいつまで公開されてる?映画の上映期間を調査! 映画

池井戸潤さん原作、竹内涼真さんと横浜流星さんがW主演のアキラとあきらの映画はいつまで公開されているのでしょう?

上映期間がいつまでなのか、予想してみました!

 

大作や人気作の公開が続いています。

見逃してしまうことのないように、アキラとあきらの上映期間がいつまでか調査しました。

  • アキラとあきらはいつまで公開されている?
  • アキラとあきらに近い作品の上映期間や興行収入はどうだった?

 

見たい映画の上映が終了してしまった場合には、22万本以上配信しているU-NEXTで配信されている可能性があります。

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

U-NEXTの登録はコチラ通常バナー

今すぐU-NEXTへ登録する

※本ページの情報は2022年9月10日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

アキラとあきらはいつまで公開されている?

アキラとあきらの上映がいつまでなのかは、今のところ決まっていませんが、公開から1か月以上、10月初めごろまでは上映していると思われます。

一般的には1か月~1か月半程度上映されることが多いです。

 

アキラとあきらの公開は2022年8月26日でした。

次の週の上映回数や劇場の大きさは、1週目の興行収入によって変わります。

 

収容人員の多いスクリーンで、上映回数が多いと、ますます興行収入が伸びることにつながります。

興行収入が伸びると上映期間が長くなりますので、興行収入を上げるため、割安のムビチケ(前売券)を持っていても、初日は使わずに定価で観るというファンも多いです。

 

アキラとあきらの1週目の興行収入ランキングは3位でした。

100億越えのとんでもない興業収入をたたき出している「ONE PIECE FILM RED」、「ジュラシックワールド」の継ぐ3位、大健闘したと言えるでしょう。

監督も話していたとおり、働き始めた若い人たちに響いています。

 

2週目は「ONE PIECE FILM RED」、9月1日公開の新作「ブレット・トレイン」「ジュラシックワールド」に次ぐ4位で、10日間での興行収入は約4億3千万円、動員数は32万人を超えてます。

1日ごとの興行収入では、9月第1週の土日を過ぎた5日以降は、ジュラシック・ワールドを抜いて3位になっています。

10億がヒットの目安と言われる現代で、アキラとあきらはどこまで伸ばせるでしょうか。

 

興行収入が思うように伸びない場合などは、1か月も立たずに上映が終わってしまうこともあるようで、観たいと思っていたのに気がつくと終わってしまっていることもあります。

アキラとあきらの興行収入から考えると、上映期間が1か月以上は確実だと思います。

 

毎週、新しい作品が公開されますが、特に強敵が多いように思われます。

これからの人の入り方次第では10月下旬までの公開もありそうです。

しかし映画館によっては、3週目に1日1回の上映なっているところもあると聞きました。

 

1週ごとに1回ずつ上映回数が減って、3回になっている映画館もあります。

他に映画の中には2週目で1回になっている映画館もあり、1つのシネコンで上映されている映画の数の多さに驚かされます。

 

池井戸潤原作ということもあってか、年齢層の高いご夫婦での鑑賞も観られます。

地元の映画館も、平日の朝一番でもたくさんの人が観ていて、驚くほどでした。

 

アキラとあきらの原作や出演キャストの上映期間や興行収入はどうだった?

アキラとあきらに近いような過去の作品として、池井戸潤さん原作作品や竹内涼真さん、横浜流星さんが出演映画の上映期間はどうだったのか調べてみました。

 

興行収入の金額や上映期間は、アキラとあきらの上映期間の参考になるかと思います。

 

池井戸潤さん原作の映画はどうだった?

2018年6月15日公開で、池井戸潤さん原作・長瀬智也さん主演の「空飛ぶタイヤ」は、公開1か月の7月16日に動員100万人、興行収入15億円を超えました。

2018年9月上旬でも上映されているところがあったので、約3か月弱は公開されていました。

 

また、2019年2月1日公開、同じく池井戸潤さん原作の「7つの会議」は野村萬斎さん主演で、興行収入約21億円でした。

こちらは、日曜劇場半沢直樹と同じ出演者も多く、半沢直樹好きの人には大人気だったようです。

このように池井戸潤さん原作の映画は、多くの人の支持を得ています。2019年4月上旬にも上映されていたので、2か月程度は上映が続いていました。

 

竹内涼真さん出演の映画はどうだった?

竹内涼真さん出演の映画の中からは、帝一の国を見てみましょう。

この映画で、竹内涼真さんは日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

まんが実写化作品ではありますが、男同士の熱いバトルという点で、アキラとあきらに少し近いものもあるのかと思います。

帝一の国は2017年4月28日公開で、興行収入は19億円を超えています。

東京TOHOシネマズ新宿では6月16日まで上映していたという情報がありました。

帝一の国の上映期間は1か月半の上映だったということですね。

 

横浜流星さん出演の映画はどうだった?

横浜流星さんが吉高由里子さんとW主演した「きみの瞳が問いかけている」はどうだったかというと興行収入は9億円で、10億までは届いていませんでした。

 

韓国映画「ただ君だけ」のリメイク作品で、アキラとあきらと同じ三木孝浩監督でした。

アキラとあきらとは違って、ラブストーリーですが、赦し(ゆるし)が一つのテーマになっていて、宿命を描くアキラとあきらに通じるところもあります。

きみの瞳が問いかけているを観た回数を〇塁と数えていて、出演者や監督さん、関係者のみなさんの知るところとなりました。

 

舞台挨拶に集まったファンでは、かなりの回数を観ている人がいることがわかっています。

ちなみに私は10塁です。

10塁目は年が明けた2021年1月、田舎の小さな映画館でした。

そんな風に後から上映する映画館もあります。

 

アキラとあきらもまた、リピーターが多いようです。

何度も観たくなる映画です。

きみの瞳が問いかけているは、2021年10月23日公開で、11月5日に大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、さらに12月3日にはアンコール舞台挨拶も行われました。

「きみの瞳が問いかけている」の上映は、12月下旬まで、約2か月間の上映でした。

 

9月8日にアキラとあきらの大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

これで予定していたプロモーションは終わりという話がありましたが、たくさん観てくだされば、最後出るかもしれないと、横浜流星さんが話していたのは、きみの瞳が問いかけているの経験からですね。

 

もしアンコール舞台挨拶があれば、2か月や、それ以上に上映される可能性もありますね!

 

アキラとあきらはいつまで公開されている?映画の上映期間を予想!のまとめ

アキラとあきらはいつまで公開するのかについて調べたところ、現状では上映期間は確定していないものの、これまでのアキラとあきらの興行収入や1日の上映回数を考慮すると、1か月から1カ月半で、9月いっぱいから10月半ばぐらいでしょうか。

 

もしアンコール舞台挨拶があれば、さらに延長になる可能性もりますね。

池井戸潤さん原作で年齢の高い方にも人気があるうえ、竹内涼真さん、横浜流星さんという人気実力兼ね備えた俳優のほか、King&Princeの髙橋海人さんの出演もあり、中高校生の鑑賞も期待できます。

 

幅広い年齢層、性別問わず観られる作品ですので、親子や夫婦など、家族での鑑賞も多く あるようです。

映画館によって上映期間や上映回数が違いますので、ホームページ等で確認してから楽しんでくださいね!

一般的な映画の上映期間についてはコチラから確認してみてください。

 

上映が終了してしまった場合には、U-NEXTで配信されているかもしれませんので是非チェックしてみてくださいね!

⇒U-NEXTでの配信状況の確認はコチラ

 

 

映画
スポンサーリンク
tebasaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました