線状降水帯とはわかりやすく言うと何でいつからある言葉?なぜ増えたのか調査

線状降水帯とはわかりやすく言うと何でいつからある言葉?なぜ増えたのか調査 ニュース

線状降水帯とはわかりやすく言うと何なの?いつからある言葉なのかもよく分かりません。

なぜ最近になって線状降水帯が増えたのかについて調査しました。

 

最近の天気予報で「線状降水帯」という言葉をよく聞くものの、よく分かりません。

簡単にわかりやすく説明するとどんな現象なのでしょうか?

 

今回は以下のことについて調べました!

  • 線状降水帯とはわかりやすく言うと何?
  • 線状降水帯とは、いつからある言葉?
  • なぜ最近になって線状降水帯が増えた?

 

線状降水帯とはわかりやすく言うと何?

線状降水帯とはわかりやすく言うと長く続く大雨のことです。

局地的大雨(ゲリラ豪雨)は短い時間で大雨が降ることですが、線状降水帯はゲリラ豪雨の範囲が連続して線状繋がって、長く降る大雨です。

 

雨を降らせる積乱雲の一般的な雨量は50mm程度ですが、線状降水帯は積乱雲が連続で発生して線状に続くので、何倍にもなって数百mmの雨量になります。

 

次にあまり耳馴染みのない「線状降水帯」ですが、いつからある言葉なのか調べました。

 

線状降水帯とは、いつからある言葉?

「線状降水帯」とはいつからある言葉なのかというと、2021年6月以降です。

線状降水帯と呼ばれている現象は昔からありましたが、名前が付けられていませんでした。

 

線状降水帯の現象は元々あったものの、雨雲の観測ができなくてどんな雨雲なのか分からず線状降水帯と呼べなかったのです。

しかし、近年では気象衛星や雨雲レーダーなどの技術が進んだことで、雨雲の状態が見えるようになりました。

 

線状に繋がった観測された雨雲は「線状降水帯」と呼ばれるようになり、2021年6月から気象庁から線状降水帯による雨の情報が発表されました。

 

なぜ最近になって線状降水帯が増えた?

なぜ最近になって線状降水帯が増えたのかというと、上記のように2021年6月から気象庁から線状降水帯による雨の情報が発表されたからです。

 

今まで線状降水帯と呼ばれる現象はあったものの、指し示す専門用語がなく「集中的な大雨」や「記録的豪雨」としか言われてませんでした。

2021年6月以降に「線状降水帯」と言う言葉が使われ始めたことで、現在では広く知られるようになりました。

 

線状降水帯とはわかりやすく言うと何でいつからある言葉?なぜ増えたのか調査のまとめ

線状降水帯とは長く続く大雨のことで、連続したゲリラ豪雨であることが分かりました。

 

いつから「線状降水帯」という言葉があったのかというと、2021年過去にも同じ現象はあったものの、線状降水帯とは名前が付いてませんでした。

気象庁が線状降水帯の情報を発表したことで広く「線状降水帯」が世間に広まったのは、2021年6月以降でした。

 

連続したゲリラ豪雨なので、かなりの大雨になります。

大雨による土砂災害や、洪水などの自然災害には十分注意してください。

ニュース
スポンサーリンク
tebasaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました